最近、ワーキングホリデービザなどを利用して渡独、その後、ドイツで自営業者として滞在ビザ(& 労働ビザ)を申請される方が増えてきました。ここで問題なのが、自営業者の滞在ビザ申請に必要な健康保険です。

何故、これが問題なのか、健康保険にどんなオプションがあるか、詳細に解説したいと思います。

国民健康保険 – 自営業者向け個人保険

日本であれば、外国人でも国民皆保険に加入できます。ところがドイツでは外国人の自営業者は、(原則として)国民健康保険に加入できません。*注1)

何故、どうして?

という疑問がわいてきますが、その理由を説明しても状況に変わりはありません。これを前提として話を進めます。

そんなわけはないっ!

と疑われている方は、現地でお試しください。それから続きをお読みください。

国民皆保険に加入できないとすると、残るは個人保険 /”Privatversicherung”ということになります。

*注1)自営業者になる前にドイツで会社員として働き、国民皆保険に加入していた方は加入できます。

個人保険は高いっ!

一度、”private Vollkrankversicherung”というキーワードで、ぐぐってください。数多くヒットします。ここは保険代理店最大手の”Check24″で、保険料を比較してみたいと思います。

参照 : check24

個人保険では性別、職業、年齢で大きく保険料が異なります。そこで保険対象は30歳の女性、自営業者で検索してみました。検索結果、トップ3がこの通りです。

Care Expatriate

念のため言っておきますが、この保険料は毎月の掛け金です。さらにここに挙がっているのは、個人保険でも安い方。安い料金には、条件があります。それは自己負担金 /”Selbstbeteiligung”です。通常、1000ユーロは自己負担金になります!

個人保険はどうして高い?

個人保険は裕福な人が、「お金はかかってもいいから、一流の医療を受けたい。」という人が加入する保険です。この為、別名、「金持ち保険」とも呼ばれています。

何が違うの?

上の表のトップにランキングされている保険に、”1-Bett-Zimmer, Chefarzt”と書かれていますよね。これは入院時の処遇のことで、「個室、筆頭主治医」という意味です これが一般ピープルとの大きな違いです。

“Zahnleistung”は、歯科医治療という意味です。国民皆保険に比べて、はるかに多くの領域が保険でカバーされています。

“direkt zum Facharzt”とは、「直接、整形外科 /Orthopäde などに行っても良し!」という意味です。ドイツではかかりつけのハウスドクターでまずは診断を受け、それから専門医に行くのが基本です。例え、盲腸でも。

しかし個人保険なら、直接、病院や専門医を訪問しても、保険で治療がカバーされるわけです。しかし個人保険は安い保険でも、毎月266ユーロの保険料+1000ユーロの自己負担金。自営業のしょっぱなから、この出費はしんどいいっ!

他にもっと安い保険はないものか?それがあるんです。

Care Expatriate / ケア エクスパトリアーテ – 自営業者向け 就労ビザ取得可能な健康保険

Care Expatriate

その保険は、ドイツ留学保険保険の ケアコンセプトが提供しているです。こちらの保険はそもそも、海外で働くドイツ人向けの保険ですが、ドイツで働く外国人も加入できます。

こちらの保険は、EU議会で議決されたEU内に滞在する外国人が加入すべき補償内容の規定を満たしており、就労ビザが取れます。

何よりも一番うれしいのが、その保険料です。一番安い保険料で58ユーロ/月という価格です。ただし!この価格ですから、上述の保険が提供しているような広範囲の医療保障はありません。

詳しい補償範囲は、以下の保険内容の欄をご覧ください。

Care Expatriate お申込みボタン

保険に加入できる人

ケア エクスパトリアーテに加入できるのは、以下の条件をすべて満たす方になります。

  • EU内に実際に住んでいる住所がある人
  • 6か月以上、ドイツに滞在される方
  • 保険加入時点で75歳未満の方

ケア エクスパトリアーテ保険の種類

ケア エクスパトリアーテは、一番お安いベーシック /”Basic”、保険範囲が広いコンフォート /”comfort”、それにプレミアム /”Premium”の3種類があります。

ベーシックでは健康診断は保険対象から外れ、歯科治療費が600ユーロ/年までに制限されています。

コンフォートになると、歯科治療は無制限の上、義歯も60%までカバーされます。そして健康診断も、250ユーロまでの補償範囲になります。

プレミアムでは義歯は80%までカバー、健康診断は500ユーロ/年までカバーされます。

詳細は以下の保険内容でご確認ください。

Care Expatriate 保険内容

以下にそれぞれの保険の補償内容をまとめておきました。渡航目的、ご予算に合わせて保険をお選びください。

プラン 加入年齢 保険内容
ベーシック /  Basic 74歳まで加入可能 通院治療、処方された薬剤には上限なし。
入院される場合は、国民保険と同様の治療範囲(複数ベット室、選択治療なし)を保障。
治療後に必要になる補助器具(松葉杖など)は500ユーロ/年まで。
医療上不可欠な歯科医治療 + 歯石除去(年一回) 治療費の上限は600ユーロ/年まで。
妊娠時の定期健診 + 出産費用(保険発効後に妊娠された場合に限る)。
精神疾患の治療 100ユーロ/回、500ユーロ/年まで
旅行先で病気、事故に遭い、故郷までの移送が必要不可欠と判断された場合の費用を全額保障。
死亡時の遺体搬送、あるいは埋葬費用は2万5千ユーロまで補償。
故郷での滞在は30日まで保障(事前に書面で通知)
入金見舞金100ユーロ(14日以上の入院にて)
最長で5年まで加入できます。
自己負担金は150ユーロ/年
コンフォート / Comfort

 

74歳まで加入可能 通院治療、処方された薬剤には上限なし。
入院される場合は、国民保険と同様の治療範囲(複数ベット室、選択治療なし)を保障。
ドイツ以外の国で入院される場合は、個室も保障。
治療後に必要になる補助器具(松葉杖など)は500ユーロ/年まで保障。
医師から処方されたマッサージ、針治療、体操療法等は500ユーロ/年まで保障
医療上不可欠な歯科医治療 + 歯石除去(年一回)は 治療費の上限なし。
事故による義歯の修理は80%まで保障(最高2000ユーロまで)。
差し歯等の治療費も60%まで保障(1年目最高500ユーロ、2年目最高1000ユーロ、3年目最高1500ユーロ、4年目最高2500ユーロまで)。**
妊娠時の定期健診 + 出産費用(保険発効後に妊娠された場合に限る)。
精神疾患の治療 100ユーロ/回、500ユーロ/年まで
健康診断は250ユーロ/年まで保障
旅行先で病気、事故に遭い、故郷までの移送が必要不可欠と判断された場合、移送費を全額保障。
留学先にて眼鏡等を購入される場合、最高100ユーロまで保険が効きます(3ヶ月の待機期間)。
死亡時の遺体搬送、あるいは埋葬費用は2万5千ユーロまで補償。
14日以上続く入院時には、家族の訪問費用が500ユーロまで(要申請)補償。
故郷での滞在は45日まで保障(事前に書面で通知)
入金見舞金20ユーロ/日(最高20日まで)
最長で5年まで加入できます。
自己負担金は150ユーロ/年、あるいは500ユーロ/年
プレミアム /  Premium

 

74歳まで加入可能 通院治療、処方された薬剤には上限なし。
入院される場合は、国民保険と同様の治療範囲(複数ベット室、選択治療なし)を保障。
ドイツ以外の国で入院される場合は、個室も保障。
治療後に必要になる補助器具(松葉杖など)は2500ユーロ/年まで保障。
医師から処方されたマッサージ、針治療、体操療法等は1500ユーロ/年まで保障
妊娠時の定期健診 + 出産費用(保険発効後に妊娠された場合に限る)。
精神疾患の治療 150ユーロ/回、1500ユーロ/年まで
医療上不可欠な歯科医治療 + 歯石除去(年一回)は 治療費の上限なし。
差し歯等の治療費も80%まで保障(1年目最高750ユーロ、2年目最高1500ユーロ、3年目最高2500ユーロ、4年目最高4000ユーロまで)。**
事故による義歯の修理は100%保障(最高3000ユーロまで)。
留学先にて眼鏡等を購入される場合、最高300ユーロまで保険が効きます(3ヶ月の待機期間)。
健康診断は500ユーロ/年まで保障
旅行先で病気、事故に遭い、故郷までの移送が必要不可欠と判断された場合、移送費を全額保障。
14日以上続く入院時には、家族の訪問費用が1000ユーロまで(要申請)補償。
死亡時の遺体搬送、あるいは埋葬費用は2万5千ユーロまで補償されています。
故郷での滞在は90日まで保障(事前に書面で通知)。
入金見舞金30ユーロ/日(最高30日まで)
最長で5年まで加入できます。
自己負担金は150ユーロ/年、500ユーロ/年、あるいは1000ユーロ/年

**差し歯治療 保険の対象になるのは一番安い義歯(差し歯)になります。セラミックなどは保険の対象外

ベーシック/ basic 保険料

ベーシックでは自己負担金/年は150ユーロになります。

  0歳~12歳まで
13歳~40歳まで
41歳~60歳まで
61歳~74歳まで
自己負担金150ユーロ 64ユーロ/月 58ユーロ/月 68ユーロ/月 246ユーロ/月

コンフォート / comfort 保険料

コンフォートでは自己負担金を150ユーロ/年、あるいは500ユーロ/年から選ぶことができます。健康で医者に行かない方は、自己負担金をあげることで、毎月の保険料を節約できるように、二種類のプランが容易されています。

  0歳~12歳まで 13歳~40歳まで 41歳~60歳まで 61歳~74歳まで
自己負担金150ユーロ 104ユーロ/月
84ユーロ/月 103ユーロ/月 322ユーロ/月
自己負担金500ユーロ 81ユーロ/月 63ユーロ/月 77ユーロ/月 248ユーロ/月

プレミアム / Premium 保険料

プレミアムでは自己負担金を150ユーロ/年、500ユーロ/年、あるいは1000ユーロ/年から選ぶことができます。健康で医者に行かない方は、自己負担金をあげることで、毎月の保険料を節約できるように、三種類のプランが容易されています。

  0歳~12歳まで 13歳~40歳まで 41歳~60歳まで 61歳~74歳まで
自己負担金150ユーロ 191ユーロ/月
181ユーロ/月 256ユーロ/月 322ユーロ/月
自己負担金500ユーロ 149ユーロ/月 141ユーロ/月 201ユーロ/月 336ユーロ/月
自己負担金1000ユーロ 117ユーロ/月 109ユーロ/月 156ユーロ/月 263ユーロ/月

Care Expatriate 保障内容補足

Care Expatriate 待合室ケア エクスパトリアーテは、最低でも6か月以上、ドイツに滞在される方が対象です。6か月未満の滞在日数の方は、ケアエコノミーにご加入ください。

保険期間は最高で5年間までです。すでにワーキングホリデーなどでドイツに1年滞在されている場合は、他社の保険期間もこの5年間に加算されて、最高4年間までの保険期間になります。

すなわちすでにドイツに5年間以上滞在されている方は、こちらの保険には加入できません。

保険範囲

こちらの保険は純粋な健康保険です。個人賠償責任保険、事故保険、あるいはその他の保険は含まれておりません。

冒頭で述べた通り、EU外の国籍を持つ自営業者は、ドイツの国民健康保険には加入できません。仮に加入できたとしても、2019年の時点でその保険料は360ユーロほどです。ケア エクスパトリアーテは、プレミアムでも181ユーロ/月(自己負担金150ユーロ)と、半額です。

この安い保険料を実現するために、既往症の保証範囲が制限されています。

既往症

保険に加入される時点で発生していた病気、障害には、保険は適応されません。持病をお持ちで、保険に加入を希望される場合は保険会社に申請を上げることができますが、持病を持っての保険加入が許可された場合、自己負担額は5000ユーロ/年になります。

保険の適用範囲外

“Kur”(休暇療養)、アルコールや薬物接種による障害、病気、事故、避妊ピル、中絶、包茎手術、レーシック、臓器移植、避妊(不妊)治療などには、保険は適応されません。

Care Expatriate お申込み

Care Expatriate お申込みボタン

こちらの保険の申し込みに、まずは保険会社に申し込みの申請を上げることが必要です。その後、保険会社が記述内容をチェックします。保険加入条件を満たし場合、初めて保険料が引き落とされる形です。

上述の加入条件を満たしていれば滅多に加入を拒否されることはありませんが、お申込みフォームにご記入いただいた内容により、加入が拒否されることもあります。

お申込み手順

  1. お申込みフォームに所定事項を記入して送信ください。
  2. クレジットカードでのお支払いをご希望される場合は、カードの両面の写真をお送りください。
  3. お申込みに必要な「健康チェックの質問」をメールでお送りしますので、返答ください。
  4. 当社でお申込みを申請 → 自動で申し込み受領の確認メールが届きます。
  5. 申し込みが受理された場合は、保険証がメールに添付されて送られてきます。
  6. 保険料の支払いで銀行送金を選択された方は、1週間以内にご送金ください。*
  7. ドイツの住所まで保険書類(メールと同じもの)が届きます。

*送金先は保険会社のドイツの銀行口座になります。

保険料のお支払い方法

クレジットカード(ビザ)、それに銀行送金でのお支払いができます。EU内に銀行口座をお持ちの方は、口座自動引き落としも可能です。

注)クレジットカードでの支払いを選択されると、手数料が4%加算されます。

ケア エクスパトリアーテ Q & A

診察を受ける患者以下、よく寄せられる質問をまとめてみました。

Q. 自営業ではなく、研究滞在をします。ケアカレッジよりも補償範囲が広いので、この保険に加入したいです。可能ですか?
A. はい、可能です。

Q. 滞在ビザは取れますか?
A. ケアカレッジでもビザが取れるので、さらに保障範囲の広いケア エクスパトリアーテでもビザが取れます。

Q. 保険証が届くまで、どのくらいかかりますか?
A. 正しく所定事項を記入されていると、24時間で保険証がメールに添付されて届きます。

Q. こちらでお申込みすると手数料はかかりますか。
A. 当社は正規代理店ですので、手数料はござません。又、保険料は直接、保険会社へのお支払いになるので、手数料を課すことはできない仕組みです。

Q. メールアドレスを書き間違えたので、保険証が届きません(涙)!
A. ページ末尾のコンタクト先まで、あなたの名前、お申込みされた保険内容を記述の上、メールで保険証の転送をご依頼ください。

Q. 保険料の支払いを毎月、口座引き落としにできませんか?
A. EU内に銀行口座をお持ちなら可能です。しかし保険料を一括払いにしていないと、ビザは取れませんので、ご了承ください。

Q. 保険の解約はできますか。?
A. 6か月目以降なら、いつでも可能です。手数料もありません(銀行の手数料を除く)。

Q. 保険の延長はできますか。?
A. 原則、可能です。過去、たくさん保険を利用されている場合は、保険の延長を拒否されることもあります。自営業ビザは3年なので、最初から3年分、加入しておけば心配が要りません。

保険の使い方

歯医者の診察室ケア エクスパトリアーテは厳密に言うと、個人保険の分野に入ります。診療所に行くと、

”Wie sind Sie versichert?”(どちらで保険に加入されていますか。)

と聞かれるので、

“Privat”(プリバート)

と答えて、保険証を提示ください。「いや、結構です。」といわれるかもしれませんが、念のため。ドイツでは個人保険に加入されている場合、診察費は(まず)自分で払うのが通例です。

医療費の請求方法

請求書が郵送されてきますので、これを清算されてから、オリジナルの請求書、薬も処方された場合はその領収書と一緒に保険会社まで郵送ください。郵送先の住所は、このページの下部をご参照ください。

以下に保険会社に医療費の請求を上げる手紙の草稿を作っておきました。

> 自分で治療費を払った場合

保険の延長 / 解約

保険内容の変更、解約で一番簡単なのは、オンラインで申請をあげる方法です。

参照 : Care Concept

お持ちの保険証に保険証番号 / Versicherungsnummer が書かれているので、これを記入、あとはお名前を入れれば、契約内容が表示されます。あとは変更された項目を選んで、希望の変更内容をお書込みください。

上述のページからオンラインで通知いただくか、書面にてケア コンセプト社まで通知ください。書面の草案はこちら

休暇旅行中の補償

白い砂浜と女性こちらの保険はドイツに限らず、故国、及びEU内への旅行先でも、保険は有効です。ただし!故国に旅行される前に、保険会社に滞在期間をメール、あるいは手紙で申請しておくことが必要です。メールの見本はこちらをご参照ください。

それ以外の国は?

海外旅行保険にご加入ください。1年で10ユーロ90セントの保険料です。

参照 : Care Concept

ケア コンセプト 連絡先

保険料の請求、契約の変更、解約でご通知いただく場合は、以下の連絡先まで

住所 Am Herz-Jesu-Kloster 20, D-53229 Bonn
連絡先 Tel: 0228 9773 50, Fax: 0228 9773 535
Mail : info@care-concept.de / 一般的なお問い合わせ
Mail : vertrag@care-concept.de / 契約変更に関して

書類の郵送先

AN
Care Concept AG
Postfach 30 02 62
D-53182 Bonn

Care Expatriate お申込みボタン