ドイツ生活サポート は、皆さんがドイツ滞在中に遭遇するトラブルに際して、相談できるサービスです。

日本とドイツは慣習ばかりか、法律(民法)も異なるので、ドイツ生活中、さまざまなトラブルに遭遇します。

ドイツ語に支障のない私でも例外ではなく、

「法律はどうなっている?」

と、調べる必要がありました。

しかし皆さんがドイツに行かれると、まずドイツ語がわからない。

このような状態で最初の疑問、謎、そしてトラブルに遭遇すると、

「誰に相談したらいいものか。」

と、途方に暮れます。

ドイツ生活サポートをご利用いただくと、ドイツ滞在歴(格闘歴)24年のドイツの達人が、豊富な知識と経験、それに堪能なドイツ語を駆使して、あなたの悩みを解決します!

ドイツの事ならドイツの達人にお任せ!

ドイツ生活サポート - 年中無休でトラブルサポート

ドイツ生活サポートは有償のサポートです。

その分、

週末だろうが、クリスマスだろうが、お正月でも、24時間以内に必ずお返事します。

 

ドイツに24年も滞在していると、大方、皆さんが直面するであろうトラブルは、ほぼ体験済です。(*1)

トラブルに遭う度に、

「誰の言い分が正しいのか?」

と、その問題に関する民法や判決を読み徹底的に勉強しました。

わかったのは、ほとんどのケースで私が間違っていた(勘違いしていた)事。(´;ω;`)

きっと皆さんもドイツで同じ体験をされると思います。

「そんなことはないっ!」

と思われる方を説得する為、これまでにあったケースを紹介してみます。

賃貸関連のもめごと

ドイツで一番多いトラブルは賃貸関連です。

某日本人、デュッセルドルフの郊外カールスト/ Kaarst という街で、日本人大家のアパートを借りました。

しかし入居してから数か月後、

「出たい。」

と、大家に次げると、翌月からアパートを出たんです。

すると大家さんから保証金を返してもらえず、

「不当な料金を要求されました。」

と、ご相談いただきました。

正しいのは賃貸人、それとも大家さんどっちだと思いますか?

回答

ドイツの民法では、アパート等の解約通知は3か月前までに行う事と決まっています。

 

しかるにお客さんは、わずか数週間の通知でアパートを出たので、法律を守っていません。

そう、正しかったのは大家さんです。

大家さんが家賃の3か月分を返さなかったのは、不当な料金ではなく、これは正当な料金です。

しかし、

「不当な料金を要求された。」

と、逆に怒るのが日本人。

如何せん、ドイツの民法の知識がないので、何が不当で何が正当なのか、それさえもわかりません。

そこで頼りになるのが生活サポートです。

加えて、

「ドイツに初めてやってきた日本人が必ず遭遇する謎」

も紹介しておきます。

ドイツで最初に出会う謎 GEZ

ドイツでもテレビ、ラジオの視聴料、”Rundfunkbeitrag”は有料です。

住民登録をしたその日から、支払い義務が発生します。

 

そう、支払い義務です。

2018年には最高裁がテレビ受信料支払い義務を合法と判決しており、受信料の支払いから逃げることはできません。

日本と違い、

「国営放送は見ません。ラジオも聞きません。」

と言っても駄目です。

とは言っても、日本からきたばかり。

「そう簡単には見つかるまい。」

と期待していると、

「えっ、もう?」

と言う間に請求書が届きます。

そう、住民登録に行った住民局がデータを”GEZ”(公共料金取立て会社)に送るので、請求書は日本からの荷物よりも先に届きます。

これが届いてから、

「”GEZ”って何。」

「払う必要があるの。」

「払わないで済ませる方法はないの。」

など、たくさん質問が出てきます。

しかしドイツ留学している日本人に、ドイツの法律なんかわかりません。

「なんだNHKと一緒か。」

などと見くびってはなりません。ドイツの法律で義務とあれば、逃げ切れるものではありません。

参照 : GEZ

タダより高いものはなし!

でも日本から来たばかり。

そこで手紙を無視していると、”Mahnung”(警告書)が届きます。

これを再び無視すると警告料金が加算されて、請求額は毎回増えていきます。

ネットで、

「放っておけば大丈夫。」

という意見を聞き、次々に届く請求を無視していると、これが裁判所からの強制取立て要請に代わります。

最後には弁護士費用が加わって、請求額が数倍にも達してしまいます。

ドイツの法律を知らない素人の意見はタダですが、これほど後でたかくつくアドバイスはありません。

ドイツ生活サポートをご利用いただければ、トラブルになる前に正しいアドバイスを受けることができます。

保証と保障

ドイツ生活に欠かせない基本常識も紹介しておきます。

ドイツには家電製品などには、二種類の保証があります。

”Garantie”

“Gewährleistung”

です。

店舗で、

「保障は3年です。」

と言われ、2年で故障。

「修理して。」

と頼むと、

「保証は1年です。」

と言われます。

質問
正しいのは誰でしょう?

回答

大方のケースで、正しいのは店舗側です。

弁護士に相談に行っても、相談料を払った後で、

「店が正しい。争ってもお金が出るだけ。」

と言われます。

問題は、”Gewehrleistung”の保障。

こちらは、

「正しく機能する事を保障するもの。」

ですが、機能しなくなった場合に、

「問題は最初から製品にあった。」

と証明する責任は、消費者側にあります。

そんなことは無理です。

一方、”Garantie”の保証には、製品の不備証明責任がない。

この為、

「壊れたから、直して。」

と、保障を受けられます。

簡単に言えば、

保障 / Gewhrleistungは役に立ちません。

無償で知りたい方に!

こうしたドイツのさまざまな民法やトラブル集を、

で紹介しています。

ドイツ生活サポートは有償ですので、

「無料で知りたいっ!」

という方は、ブログページをお読みください。

ご相談は問題が悪化する前に

路上生活者

ドイツ生活サポートは有償なので、

「できれば使わないで済ませたい。」

と考える方が多いです。

トラブルの発生時にすぐにご相談いただけたら解決できたのに、

「もうどうにもならない。」

状態まで悪化してから、ご相談をいただくことがと~っても多いです。

家賃の支払い請求を無視、強制退去されてからご相談いただいても、

「ご愁傷様です。」

くらいしか、助言はありません。

そのような強制執行になる前にご相談いただけるように、当社のお客様にはとりわけ料金を安く設定しています。

ドイツ生活サポート内容 & 料金

ドイツ生活サポート内容 & 料金

ドイツ生活サポートはメールにてご相談いただき、メールにてお返事をする形のサポートです。

いただいたご相談は、24時間以内にお返事させていただきます。(*2)

以下に当社で提供している主なドイツの生活サポートの種類を紹介いたします。

ここに書いていない用件でご相談されたい方は、お問い合わせください。

相談内容を見て、当社でドイツ生活サポートを提供できるか判断いたします。

生活一般サポート

日本人の場合でも、一番人気の相談は賃貸に関するものです。

例えば部屋のリノベーション、床の汚れ、保証金の返却、アパートの見学の要請など、どこまでが義務なのか。

こうした項目はドイツの民法で明確に規定されていますが、ドイツの民法を知っている人は皆無。

そこで大家の言いなりになっているケースも多いのが現状です。

意外に多いのが、インターネットで音楽等を違法にダウンロード、著作権団体からの高額な請求書が届いて相談いただくケース。(*3)

日本では警告で済むかもしれませんが、ドイツでは初回から罰金が課されます。

それもかなり高額の。

そして離婚相談も多くなっています。

「なんで弁護士が要るのですか。」

「弁護士は一人で済ませることができませんか。」

などなど、ドイツの達人がドイツの法律に照らし合わせて、アドバイスいたします。

会員料金と一般料金 – ドイツ生活サポート

ドイツ生活サポート料金には、割引された会員料金と一般料金があります。

過去、当社にて語学学校大学の季節コースをご利用いいただいた方は、自動的に会員として登録されます。

あるいは語学学校などのお申し込みと一緒に ドイツ生活サポートをお申し込みされると、会員料金が採用されます。

ご自身で、あるいは他社さんをご利用されて留学された方、研究滞在などで当社をご利用するきっかけがなかった方には、一般料金が採用されます。

会員料金

具体的なご相談内容があって、生活サポートをご利用いただく場合、

  • 一件につき80ユーロ/件、日本円では10800円/件、消費税込み。

具体的なご相談内容がなく、ドイツに渡航される前に留学期間中のトラブルに備えて、お申し込みいたく場合、

  • 6ヶ月までの相談期間で80ユーロ、日本円では10800円、消費税込み。
  • 12ヶ月までのサポートは150EUR、日本円では2万250円、消費税込み。

ご相談回数に上限はありません。

一般料金

具体的なご相談内容があってドイツ生活サポートをご利用いただく場合、

  • 一件につき120ユーロ/件、日本円では1万6200円/件、消費税込み

具体的なご相談内容がなく、ドイツに渡航される前に留学期間中のトラブルに備えて、お申し込みいたく場合、

  • 6ヶ月までの留学期間で120ユーロ、日本円では1万6200円/件、消費税込み
  • 12ヶ月までのサポートは220EUR、日本円では2万9700円、消費税込み

期間中は、何度でもご相談いただけます。

ドイツ生活サポート に含まれないご相談内容

ドイツ生活サポート に含まれないご相談内容

ご自宅に届く手紙の写真を当社までお送りいただき、

「これって何ですか。」

とお尋ねいただくことがございますが、宣伝メールやチラシ等の通訳、翻訳作業はドイツ生活サポートに含まれておりません

お手紙等の翻訳作業は、作業料が別途発生いたします。

生活サポートの対象となるのは、契約書や外人局からのメールなど、問題解決に欠かせない書面を解読するケースに限られます。

「テレビが映らなくなりました。」

とご相談をいただくこともございますが、家電機器等に関するご相談は、保障期間に関する法的なアドバイスを除き、サポートの対象から外れてしまいます。

賃貸アパート探し

当社では賃貸アパート探し・仲介・紹介は行っておりません。

ドイツでの部屋探しはこちらで詳しく解説していますので、是非、ご覧ください。

大学出願サポート

大学への出願要綱、及び願書作成に関するご相談は、生活サポートに含まれていません。

大学留学に際してのご相談は、こちらの大学留学サポートでお受けしております。

その他のサポート

その他、これまでドイツに留学されている方からご要望のあった、さまざまなサポートを提供しています。

こちらのサポートはドイツ生活サポートと料金、サポート内容が異なるので、別個に紹介しておきます。

まずは、一番関心(お問い合わせ)の多い、サポートから始めます。

滞在ビザ申請 サポート

滞在ビザ申請 サポート

ドイツ滞在24年、これまで自分自身、そしてお客様の滞在ビザ取得をフライブルク、デユッセルドルフ、アウグスブルク、そしてミュンヘンで補助してきました。

デユッセルドルフとアウグスブルクでは自営業の営業申請をして、無事取得。ご覧の通り会社を運営しております。

これから滞在ビザを申請される方、自営業申請を行う方に、ビザ 申請サポートを提供させていただきます。

サポートの内容は、

  • 必要書類の案内
  • 申請書類の記入代行
  • 外人局への動向(*4)

ただし!

ご自身でビザの申請をしてこれを拒否された後では、ビザ 申請サポートをご利用いただいても、出来ることは多くありません。

お役所の決定を覆すには裁判所の判決が必要なので、弁護士を使って対処する必要があるからです。

滞在ビザ申請 サポートは、まだ申請をされてない方に限らせていただきます。

料金

滞在ビザサ申請ポートの料金は、

「当社で何をするか。」

により料金が異なります。

お客様がご希望されるサポート内容をお伝えください。

サポートの料金を返信でお伝えさせていただきます。

保険サポート

滞在ビザを申請する際に必ず必要なのが、ドイツ留学保険です。

とはいっても保険証はドイツ語、診療所に予約を取るにもドイツ語、保険金を節約するにも、全~部ドイツ語。

当社のサポートが必要になりましたら、ご相談ください。

診療所の予約から、保険金の申請まで、当社で代行させていただきます。

料金

保険ポートの料金も、

「当社で何をするか。」

により料金が異なります。

お客様がご希望されるサポート内容をお伝えください。サポートの料金を返信でお伝えさせていただきます。

緊急連絡先 & 電話サポート

「留学中、何かあったら電話で相談したい!」

「現地での緊急連絡先が欲しい。」

「すぐに相談したい!」

「すぐに返事を聞きたい!」

という方への、24時間サポートです。

ドイツ滞在中の日本語のサポートをご希望の方には、弊社の現地スタッフが面倒を見させていただきますので、必要に応じて別途、電話サポートにお申し込みください。

会員料金

留学前に電話サポートをお申し込みいただくと、料金は140ユーロ/月。

一般料金

留学前に電話サポートをお申し込みいただくと、料金は200ユーロ/月。

手紙 & メールをドイツ語で代筆

手紙

ドイツに来て一番困るのが言葉。

その中でも一番やっかいなのがドイツ語の手紙。

それも官庁からの。

独特の言い回しなのでドイツ人でも理解できない人が多く、外国人がこれを理解するのは至難の技。

生活サポートをご利用いただければ、ご自宅に届いた手紙をFAX、あるいはスキャンしてお送りいただければ、内容を意訳して、返事をする必要があるかどうかお伝えいたします。

返事が必要な場合は、返事の草案も作成いたします。

会員料金

80ユーロ/月。毎月5枚まで。

一般料金

120ユーロ/月。毎月5枚まで。
(他のサポートと一緒にお申し込みされると、会員料金が採用されます。)

通訳

メッセなどでドイツを訪問される方に通訳を行っております。

料金は拘束時間2時間までで120ユーロ(消費込み)+交通費(実費)

4時間までで200ユーロ(消費税込み)+交通費(実費)です。

履歴書作成

ドイツで大学進学、アルバイト、あるいは就職される際、履歴書の提出を要求されます。

履歴書には二種類あります。

  • ausführlicher Lebenslauf
  • tabellarischer Lebenslauf

通常、何も書かれていなければ後者の履歴書を作成しますが、そんなことさえ日本人にはわかりません。

さらにはドイツの履歴書は、日本の履歴書とは、全然違います。

そこでこれからドイツの大学に出願される方、就職探しをされる方に、当社で履歴書を作成しております。

会員料金

学生の履歴書 30ユーロ

社会人の履歴書 50ユーロ

一般料金

学生の履歴書 50ユーロ

社会人の履歴書 70ユーロ

お支払い方法

方法 1.

日本の口座にお振り込みいただく場合、ドイツまでの送金手数料を弊社で負担するので、三菱UFJ銀行のTTSレート+4円で換算させていただいております。

方法 2.

ワイズを利用して、費用をドイツまでご送金ください。送金当日の為替レートが採用されます。

キャンセル

キャンセルが可能なケースは、サポートを開始前にキャンセルをお伝えいただいた場合です。

このケースではキャンセルの手数料25ユーロを差し引いて残額を返却いたします。

日本の銀行口座に送金する場合、送金手数料はお客様のご負担になります。

当店でサポートを開始後、生活サポートはキャンセルはできませんので、あらかじめご了解ください。

ドイツの民法 – あなたの常識チェック!

警察の取り締まり

「会社のドイツ人が冬タイヤは義務だと言ってる。」

「店舗に数日前に買った品の返品に行くと、できないと言われました。本当ですか。」

「会社をいきなり首になりましたが、これってアリなんですか。」

「知り合いから買った車が、すぐに壊れてしました。お金を取り戻せませんか。」

などなど、これまでご相談いただいた懸案は数知れず。

こうした案件は、すべて民法で規定されています。

ところが法律を知ってる人が身近に居ないので、自分に権利があるのかないのかわかりません。

例えば以下の案件、どれが本当で、どれが誤りでしょう。

  1. ドイツではペットショップの運営/経営は禁止されている。
  2. ペットを飼うと、ペット税を払う義務がある。
  3. 釣りをするには許可証が要る。
  4. ドイツでは裸で歩いても合法。
  5. ドイツではダンスが法律で禁止されてる日がある。
  6. 更衣室での着替えを盗撮しても罰せられない。
  7. 交通違反の罰金はお給料で決まる。
  8. 警察官をののしると1000万円の罰金も有り?
  9. アパートの解約時、入居希望者に部屋を見せる義務がある。
  10. 夏に花火をやるのは違法?

これがドイツの民法!

実はこれ、全部本当です!

4. ドイツでは裸で歩いても、法律違反にはなりません。服装は個人の自由です。唯一、誰かが

「気に障る。」

と警察に苦情を言った場合に限り、

「服装を直す」

義務があります。

5. ドイツでは主にカトリック教の地域で、祝祭日にはダンスや劇の上演を禁止されています。多くの場合は、カールフライターク / “Karfreitag”と呼ばれるオスターンの祝日がダンス禁止日です。

6. 日本人は盗撮が好きなので、問題にならないように補足しておきます。

オーストリアでサッカーのトレーナーが更衣室で着替えている女子チームを盗撮。これがバレて警察に届け出されましたが、

「オーストリアには(個人で楽しむ限り)盗撮を罰する法律がない。」

と無罪になりました。

参照 : Heute

トレーナーにとって幸いだったのは、チームが成人(18歳以上)だったこと。これが未成年者なら犯罪でした。しかし彼、仕事をクビになりました。

罰則がないからと言って、盗撮なんぞするものではありません。

8. サッカーチーム、バイエルン ミュンヘンのキャプテン、短気で知られるエッフェンベルク氏が警察官を

「〇野郎!」

と侮辱。罰金、10万ユーロ(1300万円!)を課されました。

参照 : rp-online

有名人の場合は、お給料が高額なので、罰金も高いです。

10. ドイツでは花火は12月31日の深夜のみ許されています。個人の花火大会を開催する場合は、事前に地方自治体に許可を取らないと高額な罰金刑!

こうした点は、ドイツ生活の基本ですが、知らない方がほとんどです。そこで知らずに法律を冒して、

「知らなかった!」

と言っても罰則は軽減されません。

ドイツ生活サポートにお申し込みいただくと、高い弁護士に相談に行く前に、勝ち目があるのかどうかアドバイスいたします。

ちなみにドイツでは弁護士の料金も法律で規定されており、一回の相談料は226.10ユーロ(消費税込み)です。

注釈 -ドイツ生活サポート

*1       ドイツでの離婚体験だけはまだ未体験(でおわる事を祈ってます)。

*2       調査が必要な事項、離婚関連などは、1週間程度の作業時間をいただくことがございます。

*3       厳密に言えば、著作権団体が依頼した取り立て専門の弁護士事務所 / Inkassofirmen からの支払い催促状です。

*4       現在、会社を日本に移しているので同行サポートは、現地の委託スタッフの居るデュッセルドルフとフライブルクに限ります。