タンデム ミュンヘン ミュンヘン

学生による総合評価

学校紹介

タンデム ミュンヘン校の開校は1988年。数多いミュンヘンの語学学校の中でも、老舗の語学学校のひとつです。こちらの学校では、各クラスは10名までの小さなクラスで授業を行ないます(夏季になると12名)。お陰で先生は学生とに向ける時間が長くなり、クラスの大きな学校に比べて、集中的にドイツ語を学ぶことができます。又、コース参加者は夏の多い時期でも100名程度なので、親しみやすい環境です。

タンデムミュンヘン校は他の学校に比べてお手ごろの値段設定になっているので、憧れの街、ミュンヘンに留学してみたいが、物価が高いのでちょっと心配という方にお勧めします。又、ドイツ語の習得の他にミュンヘン及びその周辺へ観光してみたい人には、まさにうってつけの学校です。

学校ではドイツ語の授業だけでなく、Test Dafの準備コース、試験を受ける事ができますので、大学入学に備えてのドイツ語習得するにも事欠きません。 授業は、効率を重視する為、最高10名までの小さなグループで行われます。

学校は学生寮を持っていないので、宿泊先はホームステイになります。ご希望により食事なし、朝食付き、朝食+夕食(あるいは昼食)をお選びいただけます。

学校の前の広場、Kurfuerstenplatzにトラム(路面電車)の27番、12番の停車場があるので、これで通学するのが一番便利です。滞在先の近くにこの電車が走っていない場合は、地下鉄の2番(中央駅経由)を利用してHohenzollernplatz駅で下車すると(地上に出てから右折)、学校まで徒歩5分の距離です。

タンデム ミュンヘン校の住所

Kurfuerstenplatz 5, 80796 Muenchen

タンデム ミュンヘン校への行き方

1.  Kurfuerstenplatzにトラム(路面電車)の27番、12番の停車場があります。学校はこの正面のビルに入ってます。

2. 地下鉄の2番(中央駅経由)を利用してHohenzollernplatz駅で下車、地上に出てから右折すると学校まで徒歩5分の距離です。

ミュンヘン市内路線図

最寄り駅  U2のHohenzollernplatz駅、あるいはトラム12及び27番のKurfuerstenplatz駅

学校の写真

タンデム ミュンヘン校
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

ミュンヘンの紹介

ミュンヘンは平べったいドイツでは比較的、高地にあります。デユッセルドルフの標高が38mである事を考えれば、ミュンヘンの標高520mは立派な高地。気温は夏には30℃を超え、寒波が張り出してくると、冬にはマイナス20℃まで下がります。この為、冬に留学される方は、万全の防寒準備をしてから留学してください。

ミュンヘンはベルリン、ハンブルクに次ぐドイツで3番目の大都市で、2015年には人口が150万人を始めて突破。原因はミュンヘンの経済力。空港、道路、鉄道網などのインフラが整っている上、教育水準も高いので、企業は好んでミュンヘンに進出します。すると職を求めて、市外から移住してくる人が絶えず、人口は増える一方です。

お陰で家賃はドイツで一番高いです。たかが50㎡のアパートの家賃が1200ユーロ+光熱費+管理費とまるで日本並み。それでも入居希望者の方が空き物件よりも多く、市内でアパートを借りるのは至難の技。ミュンヘンのもうひとつの欠点は、空港へのアクセスの悪さ。各駅停車の鈍行(S-Bahn)しかなく、たっぷり40分かかります。

もっと詳しく読む

各種インフォメーション

料金に含まれる事項

教科書、ドイツ語査定テスト、終了証、参加証、Wifi、入学証明書(ビザ申請用)、オリエンテーション、市内遠足

コース教材について

初級中級、共にBegegnungenを使用しています。
※教科書代金は登録料金に含まれています。

生徒の平均人数

10名 夏季は12名

学生の平均年齢

30~31歳

最少年齢

18歳から

学校スタッフが対応できる言語

英語、ドイツ語、スペイン語

学生の国籍

南米
北米
スペイン
東欧
イタリア
その他

コース

コース日程

スタンダードコース日程

初級1レベルの方は、以下の開始日を選んでください。

1月7日, 2月4日, 3月4日, 4月1日、5月6日, 6月3日, 7月8日, 8月5日, 9月2日, 9月30日, 10月28日, 11月25日

サマーコース日程(初心者の方は7月8日,8月5日に入学可。)

7月8日、7月22日, 8月5日

以下の祝日は、学校の授業はありません。

1月1日、6日, 4月2日、22日, 5月1日、30日, 6月10日、20日, 8月15日, 10月3日, 11月1日

料金

ミュンヘン校では 集中コ-ス、スーパー集中コ-ス、サマ-コース、Test Dafの準備コースを行なっています。

集中コース

週20レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日
朝9時30分~午後13時
もしくは13時30分~午後17時
クラス定員:4~10名の少人数構成

2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 12週間 延長/週
340EUR 470EUR 595EUR 745EUR 895EUR 1045EUR 995EUR 1495EUR 125EUR

スーパー集中コ-ス

週24レッスン(1単位45分)
授業は
午前の部:
朝9時30分~午後13時+5単位(午後)
もしくは
午後の部:
13時30分~午後17時+5単位(午前)
月曜日~金曜日
クラス定員:4~10名の少人数構成

2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間  12週間 延長/週
430EUR 630EUR 830EUR 1030EUR 1210EUR 1390EUR 1570EUR 2350EUR 195EUR

サマーコース

週20レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日
朝9時30分~午後13時
もしくは13時30分~午後17時
クラス定員:4~10名の少人数構成

2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間
370EUR 515EUR 655EUR 820EUR 985EUR 1150EUR 1115EUR

※コースの種類に関わらず、登録料50EURがかかります
登録料には教材費、ドイツ語のクラス分けテスト、コース受講証学校の通学証明書などの費用が含まれます。
教科書代金はコース料金に含まれません。

Testdaf準備コース

コースに参加するにはB1の修了以上のドイツ語能力が必要。
詳細はお問い合わせください。

リンクを貼って割引をゲット!

1. ホームページやブログに、弊社のホームページへのリンクを貼っていただく。

2. リンクを貼ったページをメールで報告。

3. 請求書から10ユーロ割り引いたします。

お申し込み後

お申し込み後、24時間以内にお申し込みを確認するメールをお送りします。

入学を手配して書類をメールに添付してお送りしますので、3週間以内に費用をお支払いください。

12週間以上のコースのお申し込みの場合、書類を郵送させていただきます。

詳細は利用規約をご覧ください

宿泊施設

学校はホームステイ先を手配してくれます。

ホームステイ

食事なし 125EUR/週
朝食付 26EUR/日
朝食+夕食付 35EUR/日

※この他に宿泊施設の手配料50EURがかかります

総合評価

町の印象
施設
交流活動
授業の質/ あなたの上達度
料金に見合う内容か
ホストファミリー
学生寮

受講生が気に入った点

K S 様  2013年5月~ ご参加

 

・「教科書について」
全レベルにて出版:SCHUBERT-Verlag Leipzig の「Begegnungen」(A1+~B1+まであり)
「Erkundungen(B2)」などを使っています。
これらの教科書は同じシリーズですがレベルごとに名前が違うようです。C1も同じシリーズで
違う名称の教科書を使っていたと思いますが名前は失念してしまいました 申し訳ないです。
なお教科書費用については御社HP記載の通り、コース料金に含まれているのでレベルに応じて支給されます。

 

・「定期代について」
これも料金が変更になっていますが、基本的に語学学校のある地域であるRing2までの月定期は48.10Euroです。
学割がないようです。

 

・「生徒について」
やはりケルンに比べると日本人が多く、1クラスに1人はいるような感じです。
ケルンとは違い、生徒にトルコ人がおらず(ここ3ヶ月の話ですが。)一番多いのはやはりスペイン人です。
多い理由としては、やはりスペイン国内の経済状況の悪化で
就職先を求めてドイツにきているというパターンが大半のようです。

 

・「教員について」
ケルンのTandemと比較すると、全体的なレベルが高くしっかりした授業の印象があります。
ケルンでA2-2まで終えて、ミュンヘンのB1-1から始めましたが生徒のレベル差があまりにも大きく
少し驚いた記憶があります。それだけ指導力が違うのか とも思いました。
授業形態としては雑談のような内容から始まり、毎コマ30分ほどは教科書を用いず
口頭でいろいろな話題を話し、60分つかって教科書の文章題や練習問題を全員で協力して解くという形です。
グループワークはケルンとくらべると少なめです。

 

・「語学学校・語学学校周辺の環境について」
学校内ではコーヒー・お茶利用可(コーヒー50Cent,ティーパック30Cent,お湯・水は無料)
学校すぐ横にパン屋・Sparkasse・DBセンターなどあるがスーパーが付近に1件(Tengelman)のみ。
こちらの学校も教室数が足りていない上、各教室が狭いです。
そのため1クラスあたりの人数が少なく(多くても10人)で済むため発言できる機会は多くていいと思います。
しかし教室数が足りない というせいで
「この日はこのクラスだけ午後授業!」のような変更があったり、月によって、あるレベルの応募者が少ない場合はそのレベルのクラスを開催しないという場合もあったりします。
(例えばA1-2の人が4人などの少数だった場合、その月のA1-2のクラスは開催されず、A1-1かA2-1に振り分けられる)
この点についてはあまり良いとは言えないです。
また、月1回か2回の頻度で、校外授業が行われることもあります。
基本的にはミュンヘン市内のどこかを観光しつつ、教員がミュンヘンの歴史などを解説・説明。
それについて喫茶店やビアガーデンでお茶しながら話をする というような授業形態になります。

 

こちらでも学生証は、言えば発行してくれる。
この学生証を使うと市内の学割の利く施設では学割料金で利用できる。
また、これを用いてSparkasseに銀行口座を開きましたが
これのおかげでStudentGirokontoでの開設ができました。(学生口座維持費無料)

 

・その他
ミュンヘンとケルンは同じTandemという学校でもかなり差があるように感じます。
ミュンヘンのTandemでは他と比べて多少安いですが
上記の難点(教室数不足や午後授業への振り替え)さえなければ
良い学校だと思います。
日本人が学校内にも街中にも多いので
「完全に日本離れしたくない、けどもデュッセルフドルフのような
日本語で生活できてしまう土地には行きたくない」 という人にはちょうど良いところだと思います。

 

冗長になりましたが以上です。

 

こんな形でよろしければまた何かありましたらお答えできるかとおもいます。
わざわざ学校の授業明けまでお待ちいただいてお会いいただき
本当にありがとうございました。お会いできてとてもよかったです。

 

N S 様  2007年6月ご参加

私は、はじめての渡独で不安だったので、飛行機も直行便を選び、ピックアップサービスも利用させていただきました。出てすぐのところで、TANDEMと書いた紙を持って、迎えの方が待っていてくれたので、すぐわかりました。不安要素を軽減させてくれたので、正解だったと思いました。

学校への行き方も、ホストファミリーが教えてくれました。駅を出てから、多少迷いはしましたが、街の人に聞きながら無事たどり着きました。

Tandem Muenchenのスタッフの方もホントに親切で、素敵な人たちばかりで、分からないことはちゃんと教えてくれます。

インターネットもパソコンに詳しいスタッフの方がいて、安心です。

(時々、ビアガーデンやビリヤードに誘ってくれます。)

自分で調べたりすることも必要ですが、それでも分からないことは、謙虚な姿勢でたずねる事が大事だなと感じているところです。

資料

学校案内パンフレット

学校案内パンフレット EN

PDFをダウンロード

学校案内パンフレット DE

動画