日本人が少ないコースをお探しなら パッサウ大学 のサマーコースです。

そもそも、

「パ、パッサ何?」

と街の名前を知らない方が大半です。

当然、そんな町に留学される日本人はかなり稀。

そこで当社でも紹介しているのですが、お申込みはハイデルベルクとフライブルクばかり、、という現状です。

パッサウ大学

ドイツでは大学の名前に、大学創設者や街が生んだ有名人を冠することが多いです。

ドイツ人にはそれでもまだ通じますが、

「ゲーテ大学」

「ハインリハイネ大学」

と言われても日本人にはどこの大学のことなのかわかりません。

しかしこの大学は、

“Universität Passau”(パッサウ大学)が正式名称です

 

そう、大学が創設されたのが70年代だったので、わかりやすい名前になりました。

大学創設 – ドイツで一番美しいキャンパス

大学の起源は、17世紀にパッサウに創設された神学校です。

第一次大戦後、そのは神学校は神学の専門大学になります。

経済成長期の後、大学に進学する人が増えると、

「ミュンヘンから東の広大な地域に総合大学がひとつもない。」

という市民の訴えと、

「ミュンヘン大学は収容能力の限界」

という現状に応えるために大学が創設されました。

その際、神学の専門大学は大学の神学部に移行して、パッサウ大学が誕生した。

ドイツで一番美しいキャンパス

パッサウ大学の主要キャンパスは、かっての修道院に入っています。

このキャンパスがイン河の河畔に建っているので、

「ドイツで一番美しいキャンパス」

 

という賞をいただいいています。

さらには学生寮(のひとつ)はドナウ側の河畔にあり、部屋からはドナウ河を見下ろせるまるでホテルのような立地です。

学部と専攻

パッサウ大学には

  • 法学部
  • 経済学部
  • 人文学部
  • 情報 & 数学部
  • 神学部

の5学部があります。

面白いのは、ビジネス デジタルトランスフォーメーション科。

これからますます必要になっていくデジタル化専門家の育成コースです。

その一方でよくみかける、ドイツ文学部はありません。

他の大学と差別化を図るために、

「特別な専攻」

を提供しているのが特徴です

DSH準備コース

ドイツの大学は国際化していますが、パッサウ大学も例外ではありません。

「優秀な外国の学生に来てもらいたい!」

と、DSH準備コースを提供しています。

ただし!

参加者は20名までと、少数先鋭のDSH準備コースです。

パッサウ大学に正規留学をお考えの方は、こちらのページをご参照ください。

街の紹介

街の紹介

パッサウはドイツの右下、オーストリアと国境を接する場所にあります。

ちょうどドナウ河、イン河、それにイル河が合流する場所にあるので、

Drei-Flüsse-Stadt“(3つの河川の町)

とも呼ばれています。

その景観はとても美しいんですが、町は洪水に何度も見舞われています。

上流で雨があると水位が驚くほど上昇するので、ご注意あれ。

水害に加えて町は何度も火災に見舞われています。

最後の大火災は17世紀。

街の中心部はほぼ焼け落ちてしまった。

幸い、パッサウはお金持ち。

イタリア人建築家により街の再復興計画が描かれたので、パッサウはドイツの他の町にはない景観を持っている。

歴史

ドイツの街は、河川の辺に築かれた集落が起源となるケースが大半です。

パッサウも例外ではなく、ケルト人が築いた集落が町の起源です。

そのケルト人をローマ人が追い出し、5世紀にはバイエルン人がローマ人を追い出して、オーストリアからバイエルン州一帯に住み着きます。

何しろ河川が3つも合流しているので、防御には最適。

紀元前から人気の場所でした。

町が大きく発展するきっかけになったのは、8世紀からカトリック教会の大司祭が、ここに居を構えたのが原因です。

13世紀にはカトリック大司祭が王様として君臨する

“Fürstbistum”(大司教宗主国)

になりました。

そう、世界遺産都市のバンベルクと同じです。

そして異教徒に対する締め付け(処刑)も、バンベルク並みに容赦ありませんでした。

観光

パッサウの街の随所には、観光名所が目白押し。

大司教様のお城は山之上に聳えているし、数々の教会の尖塔が織りなす光景は、パッサウならでは。

13世紀に建造された立派な市役所は、それは見事な物。

その市役所の前からドナウ川下りの観光船が出ている。

町を船で回る45分の簡単なコースから、世界遺産都市のレーゲンスブルクまでいくコースなど、盛り沢山。

多分、人生で二度とこない機会だろうから、是非、お試しください。

生活

パッサウの人口はわずか5万2000人。

内、1万2000人が学生なので、典型的な学生町。

治安がよく、家賃、物価は安く住みやすいのですが、最大のネックはアクセス。

最寄空港はミュンヘン空港で、電車で接続がよければ2時間ほどの旅。

ちょうどフランクフルトからフライブルクに行く距離と同じです。

フライブルクには日本人が多いので、日本人のいない秘境を探している人にぴったりです。

市内交通

人口が5万人ほどの町なので、路面電車は走っていません。

その代わりに市バスが走ってます。

バスは路面電車に比べて維持費がぐっと安いので、一ヶ月44ユーロで乗り放題。

パッサウ大学 サマーコース 【2022年休講決定】

パッサウ大学 サマーコース 【2022年休講決定】

大学のサマーコースは、どこも日本人が多いです。

最近では大学でサマーコースへの参加を企画していることもあり、大量に学生を送り出しています。

その中で例外的な存在が、パッサウ大学です。

ドイツの西南の端にあるので、ここまで来る学生は少ないです。

でも街は綺麗なので、いい体験ができます。

コース費用は高めに見えますが、実はコレ、保証金が入っている為です。

コース終了後、現金/キャッシュが返ってきます!(部屋に損傷がなく、鍵を返せば!)

毎年、値上がりするフライブルク大学と比べると2万円以上もお安いです!

2022年休講決定

コロナ禍がなかなか終息しないため、パッサウ大学は2022年のサマーコースの休講決定!

と~っても残念。

2023年には復活するといんですが、、。

パッサウ大学 サマーコース 詳細

パッサウ大学のサマーコースにお申込みされると、費用を払った時点では、【コース参加確認書】というコンファームだけ届きます。

これはドイツ入国にビザが必要な場合、ドイツ領事館でビザを取るために必要な書類です。

コースの詳細、到着日の集合場所、集合時間などは、コースが近くなった6月以降に順次、メールでお知らせが届きます。

日本人はビザなしでドイツに入国できますが、念のため、この書類は印刷して持参ください。

空港の入国審査で入国目的を聞かれますので、このコンファームを出せば、一言も言わずに入国できます。

レベル

初級(A1,A2) 、中級(B1,B2)、上級(C1)

期間

2020年 8月10日~9月7日

到着、出発

到着日:8月10,11日(10時~21時まで)    出発日:9月7日 (10時まで)

授業時間

8時30分~13時分(合計80単位)

クラス定員

 16名程度

申し込み期限

 定員になり次第締め切りとなります。(通常、5月に定員になります。

遠足

市内、および近況への遠足

費用

17万2000円(保証金が210ユーロ込み。コース終了後、現金で返却されます。)

費用に含まれるもの

授業料、宿泊費、保証金

日帰り遠足参加費(交通費は自己負担)

弊社の手配手数料

宿泊施設

コース事務局は夏休みに帰郷する生徒から部屋を借り受け、これをコースの参加者に紹介する形です。

部屋には、机、椅子、ベット、蒲団、戸棚などがついています。

昼食は学生食堂(有料)で取れますが、朝食・夕食は各自で調達・調理が必要です。

必要書類

パスポートのコピー(写真)

インターネット、Wifi

大学構内では Wifi が使用できます。

参加条件

 18歳以上。大学生

その他

コース参加は、ドイツで有効な健康保険に加入されている事が条件です。
一ヶ月のドイツ留学保険はたったの37ユーロで加入できます。
加入されてから渡独してください。【売上 No.1】 ドクターヴァルター ドイツ留学・ワーホリ保険

お支払い

お申し込み後、24時間以内に請求書を発行しますので、1週間以内にお支払いください。

キャンセル

6月10日まで  4万4000円がキャンセル料となります。

以降       返金はありません。

大学季節コース質問集

大学の季節コースに参加される皆さん、同じ疑問を抱えておられます。

そこでこれまでお問い合わせいただいた人気の質問をここに挙げておきました。

99% の疑問はこちらをご覧いただければ解決できます!

大学季節コース Q & A

お問い合わせ & お申込み

質問集を読んでも解決できない場合は、勿論、こちらからお問い合わせいただけます。

又、お申込みはこちらからオンラインできます!

お問い合わせパッサウ大学 サマーコースお申込み