「 ドイツの大学に正規留学 しよう!」そう思い立つと、ほとんどの方は日本語で検索することから始めます。これに違和感を感じたことはありませんか。

日本で大学に出願したときの手順を思いだしてください。ネット上でブログを読んで入学願書、試験科目などを調べましたか。それとも大学のサイトで調べましたか。

ほとんどの方は、直接、大学のサイトで確認したと思います。しかしドイツの大学になると、大学のホームページを読んで、ここから必要な情報を入手しようとする人は稀。これで本当に正しい情報が得られるんでしょうか?

ドイツの大学に正規留学

ドイツの大学に正規留学するなら、自分で大学のホームページを隅々まで(自分で)読む作業は省略できません。

しかしながらドイツ語が苦手なので、ドイツ語のホームページを読むのはしんどい。ほとんどの大学では英語のページも用意していますが、これも敬遠されてしまいます。結果、日本語で検索して、日本語の情報を得ようとされる方が大半です。

そこでヒットするのは、個人のブログです。大学の入学条件、法律は毎年改正されて、大学のホームページも修正されているのに、ブログは書かれた当時の内容のまま。

そんなブログを読み、自分の目的に適合した内容が見つかると、「これは正しいに違いない!」と確信する方が多いです。これが原因でさまざまな大学伝説が存在しています。

ウルム大学の看板

大学伝説 – ドイツの大学はすべて国立?

日本語で書かれているドイツの大学に関する記事は、いいケースでも数年前の個人の体験段。ひどい場合はドイツの大学に入学したこともない方が、アフリエイト(広告収入)目的で想像記事を書いています。

これが原因でネット上ではさまざまな「大学伝説」が存在しています。主なものは、

  • 「ドイツの大学はすべて国立です。」
  • 「ドイツの大学なら学費無料です。」

という内容です。きっとご覧になられたことがあると思います。信じている方も少なくないですが、事実は異なります。まずは前者ですが、ドイツは連邦制なので教育はそれぞれの州の管轄になります。

「どういう意味ですか?」

ドイツでは州が学校を運営していますので、州立大学です。ドイツには国立大学は存在していません!そして州は大学で提供される専攻、学部、必要な入学基準、出願時期など、独自のルールを採用しています。

結果、州(大学)により基準(規則)が異なるので、「ドイツの大学では。」と言い方をすると100%誤りです。ドイツの教育システムは、日本のように中央政府が全国共通のシステムを決める形ではありません。学校の夏休みさえも、州によりばらばらです。

ドイツの大学は学費無料

ドイツの大学が学費無料説も誤りです。ドイツ国籍、あるいはEU加盟国の国籍を有していれば、確かに学費は無料ですが、バーデン ヴュルテンベルク州では、EU 外の外国人はゼミあたり1500ユーロの学費を払わなければなりません。

参照 : バーデン ヴュルテンベルク州教育省

ドイツの大学に編入したい!

人気の大学留学に関する誤解のひとつが、「ドイツの大学に編入したい!」というものです。これのどこが誤解なのか、おわかりになりますか。

まずは日本の状況をみてみましょう。どこかの入学し易い私立大学に入学。「やっぱり東京大学に行きたい!」と思えば、途中から東京大学に編入できるでしょうか?

できませんよね?

日本国内でも大学に編入ができないのに、言語や教育システムが全く異なるドイツの大学には編入できるのでしょうか?

わかりやすい例を出してみます。カンボジアのポイペットで大学に通う学生が、「東京大学に編入したい!」と思えば、日本語もできないのに、国をまたいで東京大学に編入できるでしょうか?

勿論、できません。こうした誤解は、大学のホームページで入学要綱をチェックしないで、思い込みで留学準備を始めることに起因しています。そしてその「誤った思い込み」は、大学編入だけではありません。入学要綱から出願書類まで、ほとんど誤解されています。

ドイツ大学留学の情報を収集されるなら、まずは大学のホームページを読んで、本当の情報を収集してください。

ドイツ語が読めません!

ドイツの大学に入学されるなら、ドイツ語は必要です。それも上級レベルのドイツ語が。自分でドイツ語のホームページが読めるまで語学学校に通って、まずはドイツ語を習ってください。

「ドイツ語がそこまで上達するのは1年後。その前に知りたい!」という方には、当社の大学出願サポート(有償)をご利用ください。

ドイツの大学に正規留学 – 問い合わせ先

ドイツの大學へ入学をお考えの場合、問い合わせ先はドイツの大学になります。日本語で聞ける利便さからDAAD に尋ねる方が多いですが、DAAD は大学ではありません。このため、DAAD と大学の判断は異なることが多いです。

確実なことを知るには、入学審査を行なう大学に問い合わせる必要があります。ここからが問題。

言葉の壁

ドイツの大学に正規留学 アイポットで音楽を聴く女学生最初の問題は言葉。日本語でメールを送っても返事は来ません。英語も似たり寄ったり。メールはドイツ語で書く必要があるのですが、ドイツ語で文章が書ける人は少ないです。苦労してドイツ語でメールを書いても、ドイツ語の文章になっておらず、相手には意味が伝わりません。

意味がわからないので、ドイツの大学からは返事が来ないことが多いです。もし返事が届いても、「詳細は大学のホームページを見てください。」としか書かれていません。

ドイツの大学に正規留学 – 人気の誤解とトラブル

そこで大学のホームページを見るわけですが、大学入学資格を持つドイツ人向けに書いているので、難解なドイツ語です。何度読んでも質問の意味がわからない事が度々あります。

比較的簡単なドイツ語で書かれていても、ちゃんと読まない方も多いです。例えば芸大への出願で、「作品は最高で25作まで。」と書いているのに、30~40枚もの自作品入れる方。中には絵画の出願で、キャンバスについた作品をそのまま送るケースも多々ありました。

「最高で25作まで」と書かれているのに、30枚も入れるのは自殺行為です。出願条件をきちんと読まずにそんな願書を送ると審査さえされずに、返却されます。ここではそんな人気の誤解とトラブルを紹介いたします。

難解なドイツ語 – 官庁用語

自分で願書を作成された経験のある方なら、”Ist Ihnen in der BRD Asylrecht gewaehrt worden?”という質問に頭をかしげた経験をお持ちの事と思います。

ドイツ人でも願書の作成で間違いをするくらいですから、日本人、それもまだドイツ語を学習中の身分で、完璧な願書を作成することは至難の技です。

特に我々外国人が願書を作成する際、専攻の組み合わせ、専攻の開始時期、専攻の受講資格など理解できないので、誤った願書を作成する事が決して少なくありません。ここで耳より情報です。

故国でも学べますか?

願書の中に、 “Kann der beantragte Studiengang im Heimatland studiert werden?”、すなわち「選択した学科はあなたの故国でも学べますか。」という質問があります。

回答を “Ja” か、”Nein”で選ぶ必要があります。どう回答するのが正解でしょう?

(例えば)ドイツ文献学 / Deutsche Philologie を専攻に選んだ場合、”Ja”で回答する人が多いです。これはよろしくありません。

何故ですか。

故国でも学べるなら、ドイツに来ないで故国で学んでください。という意味を含めた質問だからです。皆まで言えば、日本で学ぶドイツ文学と”Deutsche Philologie”は名前が似ているだけで、全くの別物です。ここは余程の例外でない限り、”Nein”で回答するものです。

このように簡単な質問一つをとっても、その質問の本当の意味を知らないと、正しい願書は書けません。

成績が余程優秀であれば、これらの質問にどんな回答をしても、結果には大きく左右しません。でもそうでない場合、少しでも有利になるように願書を書いて、入学の確率を高めることが必要です。

ドイツの大学に正規留学 – 出願書類

何と言っても最も頻繁なトラブルは、出願書類。ドイツと日本では慣習が違うので、出願したことがない方、ドイツに住んだことがない方には、正しい書類の準備さえ出来ません。

ドイツの大学の審査は厳しく、そんな書類を送ると、「書類不備。」と書かれて書類が戻ってくるか、メールが届き、「書類不備の為、出願書類は破棄します。」と書かれています。

そうなると次回の出願まで半年、あるいは1年も待たなくてはなりません。

そんなわけない!

って思いますよね。これが原因で、書類の不備で失敗される方がとても多いです。

何が駄目なんですか。

多くの方は大学に発行してもらった書類をそのまま送ります。中にはご丁寧に封筒に入れたままで。その封筒に入っている大学発行の書類にはサインがありません!これが問題です。

責任者の直筆サインの入ってない書類は、無効です。なのに日本の大学はサインを印刷で済ますという、世界に例のない方式を採用しています。これが原因で、「コピーされた書類は不可です。」と出願が却下されるケースがとても多いです。

日本の大学の抵抗

ドイツの大学から、「直筆サインがない書類は無効です。」と書かれた回答をもらい、大学の学生課で直筆サインをもらおうと努力する学生さん。しかし日本の大学はどんな理由があっても、これを拒否します。

少なくとも当社では、直筆サインをもらうことに成功した例を知りません。「じゃ、絶対に留学できないじゃないですか!」と思いますよね。ところが日本の大学が発行した直筆サインなしの書類で入学できる方法があります!

尚、すべてのケースで日本の大学の書類が拒否されるわけではありません。ほぼ2割のケースでは、それでも入学できています。書類不備で入学審査を落とされないように、大学に直筆サインが入った書類を用意するか、駄目な場合はドイツの達人にお任せください。

出願時期

半世紀も前から夏ゼミは7月15日、冬ゼミは1月15日が出願の締め切りです(専攻により、異なるケースもあります)。締め切りはご存知の筈なのに、直前にならないと出願の準備をされないケースがとても多いです。

ギリギリになってから、「もう間に合わない?」と心配になり、「締め切り日の消印があれば、大丈夫ですか。」と、お問い合わせいただきます。駄目です。締め切り日に大学必着です。

すると、「私だけ、締め切りを伸ばしてもらえませんか。」とお尋ねいただきます。駄目です。数十万の志願者に合わせて個々に締め切りを提供してると、ものすごい混乱を生み、仕事が全然できません。

専攻の組み合わせ

日本では(例えば)出願に際して、ドイツ文学部を専攻するだけ。すると大学が(勝手に)その他に取得しなければならない単位、専攻を決めます。ドイツの大学では、すべて自分で選びます。

ですから「ドイツ文学部を選べばいい。」というものではありません。他に副専攻 / Nebenfach と呼ばれる専攻を選ばなくてはなりません。でも主専攻がドイツ文学で副専攻が数学という選び方はできません。

組み合わせができる専攻が決まっています。これを無視して自分の好きな専攻を選んだり、副専攻を選んでいないと、その時点で願書は書類不備となります。

大学 / Universität と 専門大学 / Hochschule

「ドイツの大学」と皆さん一口に言いますが、ドイツには大学 / Universität と専門大学 / Hochschule があります。一体、違いは何なんでしょう?そもそも違いはあるのでしょうか?

ここでは単純ながら、誰も考えたことがないテーマについて解説します。

専門大学とは?

ドイツにある専門大学は英語圏にある”University of Applied Sciences”のドイツ語版です。総合大学との違いは、その専門性です。総合大学では一般教養にも重点が置かれますが、専門大学ではその科目に絞った専門家を育てるのが役目でした。

ドイツ語には「専門馬鹿」/ Fachidiot という表現があります。その分野の研究では一人者だが、一般生活では一人では満足に生活もできない人を指します。そんな(?)専門家を育てるのが専門大学です。

専門大学の中にはその専門性を強調するために、専攻専門大学 /”Fachhochschule”と呼ばれる大学もあります。

そして専門大学を卒業するとバチラー / “Bachelor”よりもひとつ上の学位、”Diplom”が取得できました。まさに専門家を育てるのが、この大学の役目でした。

違いは(実質)なし?

上述の文章が過去形になっているので、推測された方もおられると思います。欧州統合の余波は、ドイツの大学制度にも及びました。加盟国が独自の学位を導入していると、加盟国内での学生の移動を妨げます。

そこでボローニャ プロセスという制度により、EU内全域の大学にはバチラー / “Bachelor”制度が導入されます。

参照 : bmbf.de

これはドイツの専門大学にも導入され、卒業するとバチラーの学位が取得できます。これにより学位の面では、違いはなくなりました。唯一の違いは、今でも大学での講義の目標が一般知識よりも、専門性に重点が置かれている点です。

ドイツの大学に正規留学 – 大学出願サポート

当社では大学留学相談、大学出願サポートを提供しています。お仕事をされていて大学の入学要綱を隅から隅まで読む時間がない方、ドイツ語を習っている段階なので、出願要綱の理解ができなくてお困りの方、大学で直筆サインの入った書類を発行してもらえない方、「餅は餅屋」の例えにある通り、プロに任せたほうが確実です。

当社で提供する大学出願サポートは以下の通りです。

● 大学入学資格(要綱)のご案内
● 出願大學、専攻選びにおけるアドバイス
● 大学出願の代行作成
● 入学許可証の翻訳(意訳)及び内容の説明

ドイツ留学専門店 Pfadfinder24 は2001年以来、お客様の願書を作成してきました。お客様の資格と大学の入学条件を比較検討して、願書を出す前に入学のチャンスが大きい大學を勧めいたします。

ドイツの大学に正規留学 – 出願に関する質問集

大学留学に関して誤った情報が氾濫しています。基本的な事項は質問集でご確認いただけます。とりわけ人気のお問い合わせが、大学の入学資格に関するものです。

高校卒業者のドイツの大学への入学資格

日本の高校、それも大学進学コースではなく、商業高校等をご卒業された場合、ドイツの大学入学資格を満たしません。大学進学コースを履修、卒業された方でも、それだけでは入学資格を満たしません。

大学入学準備コース / Studienkolleg

そのような直接の入学資格を持っていない方が、大学入学資格を獲得するために通うのが、”Studienkolleg”(シュトウーデイエン コレーク)という名前の大学入学準備コースです。入学要綱のご案内をご希望の方は、大学出願サポートをご利用ください。

大学出願サポート 対象大学

当社では現在、以下の大学の出願サポートを提供しています。こちらに挙がっていない大学の調査も可能ですが、一覧表になない大学のサポート料金は30ユーロ(4000円)加算されます。

数が多いので、大学の種類に分けて紹介しておきます。

芸大 & 体育大学

ドイツには数多くの有名な州立の芸大がありますが、ここではその中でも一番有名なデユッセルドルフの芸大とケルンの体育大学をご紹介いたします。

デユッセルドルフ芸術大学 / Kunstakademie Düsseldorf

ドイツの大学に正規留学 デユッセルドルフ芸大の建物ドイツの芸大と言えば、(日本では)デユッセルドルフの芸術大学と言われるほど有名な大学です。入学希望者が多い上、入学枠が狭いので、ドイツの芸大の中でも難関の大学です。

ドイツ体育大学ケルン / Deutsche Sporthochschule Köln

ドイツの大学に正規留学 ケルン大聖堂と架橋海外でも有名なドイツの体育大学と言えば、ドイツ体育大学ケルン。トレーナー希望者からマネージメント職まで、スポーツに関するさまざまな分野の専攻を提供しています。

ケルン大学の歴史から、その専攻までご紹介いたします。

 

ドイツの大学に正規留学 – 工科大学

テクノロジーで世界をリードするドイツにはいくつもの有名な工科大学が存在しています。こちらでは DSH 準備コースを提供している珍しい工科大学、それにドイツを代表する有名な工科大学を紹介いたします。

アーヘン 工科大学 / RWTH Aachen

アーヘン 工科大学数ある工科大学の中でも、知名度ではピカイチのアーヘン工科大学。名前は工科大学で理系の学部が多いですが、実は総合大学で文系の学部も多いです。

DSH 準備コースも提供しているので、大学で入学準備もできます。

ブラウンシュバイク工科大学 / Technische Universität Braunschweig

ドイツの大学に正規留学 ブラウンシュバイク大学校舎日本では無名なブランシュヴァイクの街にある工科大学です。通常、ドイツ語コースは大きな規模の総合大学が提供するものですが、ブランシュヴァイク工科大学は稀な例外です。

ドレスデン工科大学 / TU Dresden

ドレスデン工科大学東ドイツで唯一の工科大学が、ドレスデン工科大学です。もっとも工科大学というものの、総合大学です。文系の学部もあります。

2019年にはドイツ政府主導のエリート大学プラグラムにも選出されている名門大学です。

ミュンヘン工科大学 / TU München

ドイツに存在する優秀な工科大学の中で、トップ3に入る名門がこのミュンヘン 工科大学。とても人気が高いので入学はかなり難しい大学です。

ドイツの大学に正規留学 総合大学 – DSH 準備コース

一口に大学と言ってもドイツには専門大学 / “Hochschule” と一般大学 /”Universität”の二種類の大学があります。前者は研究を行う大学機関として設立された経緯があります。その後、次第にこの専門性は失われ、一般大学に近い存在になりました。

しかし今でも規模が小さく専門性を特徴としています。例えば芸大や音大などは、その多くが専門大学です。専門大学は規模が小さく DSH 準備コースを提供していないので、こちらでは DSH 準備コース を提供している総合大学を紹介していきます。

ボッフム大学 / Ruhr-Universität Bochum

ドイツの大学に正規留学 ボッフム大学キャンバスボッフム大学は名門とは言えないが、キャンパスがでかいマンモス大学。大学のドイツ語コースが比較的入学しやすく、物価/家賃も安いので隠れた人気の大学です。

バンベルク大学 / Universität Bamberg

ドイツの大学に正規留学 バンベルクのレジデンツ外観世界遺産都市 バンベルクの街にある総合大学も、ドイツ語コースを提供しています。名前が知られていないので、それほど出願者は多くないのが魅力です。

ボン大学 / Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universität Bonn

ドイツの大学に正規留学 ボン大学外観ドイツを代表する巨大なマンモス大学のひとつが、ボン大学です。こちらでもドイツ語コースを提供していますが、出願者が多いです。早めに願書を送るのが必修です。

エアランゲン大学 / Friedrich-Alexander-Universität Erlangen-Nürnberg

エアランゲン大学バイエルン州にあるエアランゲン総合大学が提供するドイツ語コースです。入学の条件となるドイツ語のレベルが比較的低いので、「ねらい目」の大学です。

フルダ専門大学 / Hochschule Fulda

フルダ大学フルダ専門大学はかっての教職者を育てる学校が、大学になりました。教職関連の学部に加え、他の大学にはない変わった専攻を提供しています。

学生の国際化をテーマに掲げており、大学ではいろんな言語を学ぶころができます。そのひとつが大学のドイツ語コースです。とてもレベルが高い分、レベルに達していれば、かなり高い確率で入学できるのが特徴です。

ハイデルベルク大学 / Ruprecht-Karls-Universität Heidelberg

ハイデルベルク大学一番人気がハイデルベルク大学のドイツ語コースです。お陰で競争率はなんと8倍。正直、入学できる確率はあまり高くありません。

レーゲンスブルク大学 / Universität Regensburg

レーゲンスブルクの景色風光明媚な世界遺産都市、レーゲンスブルクにある比較的新しい大学が、レーゲンスブルク大学です。コースの定員が少ないので、入学は易しくないですが、入学できれば充実した大学生活間違いなし!

パッサウ大学 / Universität Passau

パッサウの景色南ドイツの端にあるパッサウの街。パッサウ大学は辺境まで優秀な学生を招くため、とてもユニークなドイツ語コースを提供しています。

ウルム大学 / Universität Ulm

ウルムの景色ウルム大学のドイツ語コースの最大の特徴は、その費用。なんと無料です!大学登録料などの費用は発生しますが、授業そのものは無料!予算重視の方に!

総合大学 – 正規留学

アウグスブルク大学 / Universität Augsburg

隠れた名門 アウグスブルク大学。ミュンヘンに比べたら、はるかにお安く生活できて、治安も良し!ただし日本食は入手困難なり!

バイエルン州では(現時点では)まだ外国人も学費無料で勉強できます!ここで学ばずして、何処に行く?

ケルン大学 / Universität zu Köln

ケルン大学ドイツ第四の大都市ケルンにあるケルン大学は、(数え方次第で)なんとドイツで二番目に古い大学で、大学生の数は4万8000人を超えます。理系から文系まであるので、きっと学びたい専攻が見つかる筈。

ノルトライン ヴェストファーレン州では、学費が無料なのでお勧め。

 

ゲッティンゲン大学 / Universität Göttingen

ゲッティンゲン大学名門大学をお探しなら、迷わずここ。ドイツが誇るエリート大学がゲッティンゲン大学がです。日本学部こそなくなりましたが、フライブルク大学と異なり、学費なし。

無事卒業できれば、引く手あまたの人気者。将来のノーベル賞受賞学者を目指すなら、日本の大学よりもドイツの大学です。

ハンブルク大学 / Universität Hamburg

ハンブルク大学ドイツ第二の大都市 ハンブルクにあるハンブルク大学。何故かその略称は UHH。”Universität Hamburg”まではわかりますが、最後の”H”の意味するのものは?

ノーベル賞受賞の学者を5人輩出している、ドイツのエリート大学。在籍する学生の数は4万3000人。夏のハンブルクは最高に気分がいいですが、この街で部屋を見つけるのは至難の業。

フンボルト大学 ベルリン / Humboldt-Universität zu Berlin

ベルリンのど真ん中、史跡に囲まれた場所にあるのが名門、フンボルト大学 ベルリンです。旧東ドイツにあった大学ですが、ドイツ統合後は、西側の大学に引けを取らないどころか、ドイツを代表するエリート大学になりました!

 

フライブルク大学 / Universität Freiburg

フライブルク大学フライブルク大学は、15世紀に創設された歴史ある大学です。とりわけ人文学系の専攻では名声が高く、ドイツ政府主導のエリート大学に専攻されたこともありました。

ドイツで一番天気のいい街とも言われ、大学生活を過ごすには快適な街です。問題は2017年に導入された学費、、。

 

大学出願サポートの流れ

1. お申し込みフォームをお送りください。
⇒ 請求書をお送りいたします。

2. 費用をご送金ください。
⇒ 入金確認のメールが届きます。

3. サポートサービスの開始。
⇒ 出願大學の選出。

4. 出願大學の決定。
⇒ 必要書類をお送りください。

5. 弊社にて願書の作成、大學に郵送します。
6. 大學からお客様の住所に結果が送られてきます。

大学出願サポートに含まれない領域

大学出願サポートには、現地の学生寮、あるいはアパートの紹介など、宿泊先の紹介、仲介は、サポートには含まれておりません。

サポート料金(税込み)

さまざまなサポートを設けていますので、ご希望に合わせて必要なサポートをお選びください。

大学出願、留学に関するお問い合わせ

会員料金  7800円
一般料金 11800円

大学入学資格(要綱)のご案内

会員料金  9800円/件
一般料金 13800円/件

DSH準備コースへの出願

会員料金  13800円/件
一般料金  18800円/件

正規留学(短期留学を含む)の出願

会員料金  18800円/件
一般料金  24800円/件
以下のケースでは追加料金が発生します。

  • 大学が審査料を要求する場合
  • Assist 経由での出願になる場合

参照 : uni-assist

併願される場合、2大学目以降、1400円/大学の割引になります。

会員料金

過去に弊社をご利用いただき弊社の請求書を清算いただいた方には、会員料金が採用されます。

サポートの有効期間

サポートは入金を確認後、開始されます。願書を出願、大学から返事が来た時点でサポートは終了します。すぐに出願されない場合は、サービスは1年間有効です。

サポートのキャンセルについて

サポートを開始後、お客様の都合によるキャンセルはできませんので、あらかじめご了解ください。

書類の郵送先

〒456-0027 愛知県名古屋市熱田区旗屋2丁目21-25 白鳥パークハイツ神宮西506号

願書のコピー(控え)

願書のコピーを希望される場合は、お申し込み時点にお伝えください。願書のコピーは1部 5EURいただいております。(郵送をご希望の場合は1部12EUR)

お問い合わせ・お申し込み

不明な点などございましたら、こちらからお問い合わせください。