ドイツ留学保険

ドイツ領事館はホームページである留学保険を紹介しています。保険料は決してお安くないのに、診療を受けると50ユーロの自己負担金が発生します。これが原因で具合が悪いのに、医者にかかるのを控える方が続出しました。そこで弊社では代わりになる保険を探し、2008年にボン郊外にあるある保険代理店を訪問しました。

Care Concept(ケア コンセプト)社は海外に旅行、留学に出かけるドイツ人、そしてドイツにやってくる外国人に保険を提供する旅行保険専門の保険代理店です。日本国籍者に限らず、どこの国籍を保有していても、EU内外での滞在にはこちらの保険をご利用いただけます。弊社は同社の保険の日本への独占販売契約を結び、弊社のお客様に保険のご紹介を初めました。以後、10年足らずで留学生に最も人気のドイツ留学保険のひとつになりました。

滞在ビザ申請

ケア コンセプト保険は妊娠時の定期健診、及び出産も保険の対称になっていますので、ワーキングホリデービザの申請にも利用できます。言うに及ばず、大学に通わないで、語学学校に通って現地でビザを申請する際にも有効です。

ケア コンセプト保険の種類

プラン 加入年齢 保険対象 保険内容
Care College Basic
(こちらのタイプでは、ワーキングホリデービザの発給を拒否されることもあります)
35歳まで加入可能 語学学校に通われる方、ドイツで滞在ビザを申請される方、大学に通われる方、研究滞在される方など 通院治療、処方された薬剤には上限なし。
入院される場合は、国民保険と同様の治療範囲(複数ベット室、選択治療なし)を保障。
保険を使用すると自己負担金50ユーロ/件が必要です。
治療後に必要になる補助器具(松葉杖など)は250ユーロまで。
歯の治療は痛み止めに限ります(最高保障額250ユーロ)。
妊娠発覚時の定期健診も保険の対象になっています。(自己負担金50ユーロ)
保険発効8ヶ月目以降に妊娠された場合は、出産費用も保険でカバーされます(自己負担金250ユーロ)。
旅行先で病気、事故に遭い、故郷までの移送が必要不可欠と判断された場合、1万ユーロまで保障。
死亡時の遺体搬送、あるいは埋葬費用は2万5千ユーロまで補償。
最長で5年まで加入できます。
詳しい保険内容はこちらで確認できます。
Care College Comfort
ワーホリビザ申請可ロゴ
35歳まで加入可能 語学学校に通われる方、ワーキングホリデービザを申請される方、大学に通われる方、研究滞在される方など。 通院治療、処方された薬剤には上限なし。
入院される場合は、国民保険と同様の治療範囲(複数ベット室、選択治療なし)を保障。
産婦人科での診察を除き自己負担金なし。
治療後に必要になる補助器具(松葉杖など)は250ユーロまで。
歯の鎮痛治療の最高保障額は500ユーロ。2年目からは差し歯等の治療費も50%(最高保障額500ユーロまで)保障。
妊娠発覚時の定期健診も保険の対象になっています(自己負担金25ユーロ/回)。
保険発効8ヶ月目以降に妊娠された場合は、出産費用も保険でカバーされます(自己負担金250ユーロ)。
旅行先で病気、事故に遭い、故郷までの移送が必要不可欠と判断された場合、移送費を全額保障。
死亡時の遺体搬送、あるいは埋葬費用は2万5千ユーロまで補償。
14日以上続く入院時には、家族の訪問費用が500ユーロまで(要申請)補償。
12ヶ月保険に加入されて、一度も保険を使用されなかった場合、1,5月分の健康保険費用が返却されます。
最長で5年まで加入できます。
詳しい保険内容はこちらで確認できます。
Care College Premium
ワーホリビザ申請可ロゴ
35歳まで加入可能 語学学校に通われる方、ワーキングホリデービザを申請される方、大学に通われる方、研究滞在される方など。

最長で730日まで加入できます。

通院治療、処方された薬剤には上限なし。
入院される場合は、国民保険と同様の治療範囲(複数ベット室、選択治療なし)を保障。
産婦人科を除き、自己負担金なし。
治療後に必要になる補助器具(松葉杖など)は全額補償。
妊娠時の定期健診も自己負担金なし。
歯の鎮痛治療の上限なし。2年目からは入れ歯、差し歯なども70%、年間補償額1000ユーロまで保障されます。
保険発効8ヶ月目以降に妊娠された場合は、出産費用も保険でカバーされます(自己負担金250ユーロ)。
留学先にて眼鏡等を購入される場合、最高100ユーロまで保険が効きます(3ヶ月の待機期間)。
旅行先で病気、事故に遭い、故郷までの移送が必要不可欠と判断された場合、移送費を全額保障。
事故により必要となった場合、義歯の費用も2500ユーロまで補償されます。
14日以上続く入院時には、家族の訪問費用が1250ユーロまで(要申請)補償。
死亡時の遺体搬送、あるいは埋葬費用は2万5千ユーロまで補償されています。
12ヶ月保険に加入されて、一度も保険を使用されなかった場合、2月分の健康保険費用が返却されます。
最長で5年まで加入できます。
詳しい保険内容はこちらで確認できます。
Care Economy
ワーホリビザ申請可ロゴ
74歳まで加入可能 滞在目的に関係なく、74歳までの方。フリーランスビザの申請にも使えます。 通院治療、処方された薬剤には上限なし。
入院される場合は、国民保険と同様の治療範囲(複数ベット室、選択治療なし)を保障。
保険を使用すると自己負担金25ユーロ/件。
治療後に必要になる補助器具(松葉杖等)は全額補償。
歯の鎮痛、修理費用は最高300ユーロ(半年以上の保険危険では600ユーロ)まで保障されています。妊娠時の定期健診も自己負担金なし。
保険発効8ヶ月目以降に妊娠された場合は、出産費用も保険でカバーされます(自己負担金250ユーロ)。
旅行先で病気、事故に遭い、故郷までの移送が必要不可欠と判断された場合、1万ユーロまで保障。
死亡時の遺体搬送、あるいは埋葬費用は2万5千ユーロまで補償されています。
最長で730日まで加入できます。
詳細はこちらで確認できます。
個人賠償保険 Sタイプ ワーキングホリデービザ申請に不十分 最短保険期間5ヶ月 保険料 : 2ユーロ/月。

対人、対物賠償保障金額100万ユーロまで(自己負担金250ユーロ/件)。
賃貸物件(不動産)に損害を与えた場合、1万ユーロまで保障(自己負担金250ユーロ/件)。

個人賠償Mタイプ
(事故保険込み)
ワーホリビザ申請可ロゴ
ワーキングホリデービザ申請に必要 最短保険期間3ヶ月 保険料 : 4ユーロ/月。

対人、対物賠償保障金額200万ユーロまで。自己負担金なし。
賃貸物件(不動産)に損害を与えた場合、2万5千ユーロまで保障(自己負担金250ユーロ)。
事故に遭った際の救出費用は7500ユーロまで保障。
死亡時は15000ユーロの保険金を支給。
後遺症が残った場合、最高10万5000ユーロまでの保険金が支給されます。

個人賠償XLタイプ
(事故保険込み)
ワーホリビザ申請可ロゴ
ワーキングホリデービザ申請に必要 最短保険期間2ヶ月 保険料 : 7,5ユーロ/月。

対人、対物賠償保障金額250万ユーロまで。自己負担金なし。
賃貸物件(不動産)に損害を与えた場合、5万ユーロまで保障(自己負担金250ユーロ)。
事故に遭った際の救出費用は1万ユーロまで保障。
死亡時は2万5000ユーロの保険金が支給されます。
後遺症が残った場合、最高14万ユーロまでの保険金が支給されます。

ケア  カレッジ保険料(35歳まで)

Care College Care College Basic Care College Comfort Care College Premium
18ヶ月まで 28ユーロ/月 35ユーロ/月 63ユーロ/月
19ヶ月以降 51ユーロ/月 59ユーロ/月 83ユーロ/月

ケア  エコノミー保険料

Care Economy  1~90日まで 91日~180日まで 181~365日まで 366~730日まで
64歳まで 1ユーロ/日 1,35ユーロ/日 1,95ユーロ/日 2,40ユーロ/日
65~74歳 2,95ユーロ/日 3,7ユーロ/日 4,95ユーロ/日 7,90ユーロ/日

保障内容補足

疾病(健康)保険

ケア コンセプト保険はドイツ滞在中に限らず、EU内、EU外への旅行先でも保険は有効です。ただし条件があります。まず保険が効くのは通算して6週間まで。さらに外国に旅行される前に、保険会社に渡航先と滞在期間をメール、あるいは手紙で申請しておくことが必要です。メールの見本はこちらをご参照ください。

渡独前にケア コンセプトに加入されず、ドイツ(あるいはその他の渡航地)に入国後、1月以上経ってから保険に加入される場合、最初の31日間は待機期間になり、健康保険が利用できません。例外は他の健康保険に加入しており、保険をケア コンセプトに変更される場合です。又、事故保険には待機期間はなく、保険開始初日から有効です。

医者に診てもらい発生した診察費、薬代の請求書/領収書は大切に保管しておいてください。書類が揃い次第、保険会社まで郵送ください。入院治療が必要になった場合は、入院する前に保険会社に病気の症状、入院される病院の場所をお伝えください。この処置が行われない場合、入院治療費を保険会社が被保険者に代わって支払うことができません。

旅行荷物保険

ケア コンセプト保険には、手荷物保険は含まれていません。

事故保険

この保険に加入されると、ご旅行中にバイクや車の運転中、あるいはダイビングの際に事故に遭って後遺症が残った場合、あるいは被保険者が死亡した場合、補償金額が支払われます。又、登山中の事故、あるいは予想のつかなかった天候の変化などで救出作業が必要になった際、救出費用が保険にて補償されています。戦争、紛争地域に旅行中、あるいはアルコール摂取中に起きた事故は対象外となります。

個人賠償責任保険

個人賠償責任保険は、健康保険に次いで2番目に大切な保険です。自己負担金があってはその効果を発揮しませんので、自己負担がないMタイプ、あるいはXLタイプをお勧めします。これらの両タイプには事故保険も含まれています。ホームステイ先(賃貸物件)の動産(家具、調度品)などを壊してしまった場合は、保険の適用外になります。ホームステイ先(賃貸物件)の不動産に被害を与えた場合、例えば部屋についている浴室を水浸しにしてしまった場合、保険が利きますが、被害額の10%が自己負担となります。

保険開始日と入国日

お申し込みの際、保険開始期間とドイツ(あるいはその他の国)入国(予定)日の2つを書き込んでいただく必要があります。これが変更になった場合、速やかに保険会社までご連絡ください。又、保険は保険料が保険会社の口座に振り込まれて、始めて有効になります。保険開始時期を過ぎても、保険料が入金されていない場合、保険は無効です。

既往症

保険に加入される時点で発生していた病気には、保険は適応されません。

保険の適用範囲

避妊ピル、包茎手術、レーシック、避妊(不妊)治療などには、保険は適応されません。

年齢制限&保険期間

Care Collegeは保険加入時点で12歳以上、35歳以下ある事が条件です。この条件を満たすと最高5年間、保険に加入できます。Care Economyは74歳の方まで保険に加入でき、最高2年間保険に加入できます。

保険料のお支払い方法

Paypal(手数料が加算されます。)、それに送金でのお支払いができます。クレジットカードでの支払いはできなくなっています。EU内に銀行口座をお持ちの方は、口座自動引き落としも可能。

保険の解約

「個人的な理由での保険の解約はできません。」という会社が多い中、こちらからお申し込みいただくと、契約の早期解約は可能です。書面にてケア コンセプト社まで通知ください。書面の草案はこちら

医療費の請求方法

お医者さんといえど、個人事業主。お金儲けが目的です。お金を儲ける為には、たくさん検査や治療を施す必要があります。ところが日本でもすべての治療が保険の対象になっていないように、この保険でもすべての検査が保険でカバーされているわけではありません。そんな治療の費用を自分で支払ってしまうと、保険は下りません。

これを避けるため、医療費/診察費はできるだけ自分で支払わず、請求書を挙げてもらい、保険会社から支払う形にしてください。以下に保険会社に請求書を送る際の草稿を挙げておきますので、参考にしてください。

> 自分で治療費を払った場合
> 請求書をもらって、まだ払っていない場合

ドイツ以外の国の滞在ビザ申請

こちらの保険は欧州議会が定めたシェンゲンビザ協定加盟国における外国人の滞在に必要な健康保険の取り決め、2004/17/EGをクリアしています。これによりドイツ以外の国、例えばフランスにおけるビザの発給条件も満たしておりますので、こちらの保険でフランスへのワーキングホリデービザの申請にもご利用いただけます。保険会社にはフランス語で連絡が可能です。

ケア コンセプトよりも安いドイツ留学保険はありますか

ドイツの旅行保険大手のドクターヴァルター社が、ドイツ、オーストリアのワーキングホリデー、ドイツ研究滞在、それにドイツ留学者を対象に、Educare24という保険を提供しています。保険料はケア コンセプトよりもお安くなっており、医者にかかっても自己負担金がないのが特徴です。

保険代理店データ

住所 Am Herz-Jesu-Kloster 20, D-53229 Bonn
連絡先 Tel: 0228 9773 50, Fax: 0228 9773 535
Mail: info@care-concept.de
書類の郵送先 Care Concept AG
Postfach 30 02 62,
D-53182 Bonn