Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

DiD インステイトゥート ハンブルク ハンブルク

学生による総合評価

学校紹介

60年代にバイエルン州とヘッセン州の境にある小さな街にて、ドイツ語を教える学校が開業します。当時は、ドイツ国内でのドイツ語レッスンへの需要が低かったため、ドイツ語のレッスンと言えば外国で習うのが主で、ドイツ国内にはドイツ語の語学学校は数少なく、異例の存在でした。ところがドイツの経済成長に伴い、外国人がドイツ時数多く住み始め、ちょうどドイツ国内でのドイツ語レッスンへの需要が高まり始めます。この学校の創始者は当時ゲーテと協議して、ゲーテと一緒にドイツ国内でドイツ語レッスンを提供しようとしますが、ゲーテはこれを固辞、外国でドイツ語のレッスンを提供するこれまでのモデルに留まることになりました。そこでドイツ語の教育をドイツ国内で行う最初のドイツ語の専門学校、”Deutsch in Deutschland”(略してDiD)と名前を改めて、ドイツ語のレッスンを始めたのが、1970年でこの学校の歴史の始まりとなります。

その後、ドイツ国内でドイツ語の需要が高まってからゲーテは国内に学校を開設しましたが、この分野でのオパイオニアはDiDになります。今でこそゲーテの試験が大学入学資格の基準となっていますが、ゲーテがまだなかった時代は、DiDの試験が大学入学資格となるほどの権威のあるものでした。現在でもこの学校独自の試験は残っていますが、時代の流れに合わせて学校では、大学入学に必要となるTestDaf試験、及び試験準備コースを提供しており、将来、ドイツ語の資格の習得、大学への進学を考えている方にも向いています。

この学校はミュンヘン、ハンブルク、ベルリン、そしてフランクフルトに学校を持っており、フランクフルトが本店となります。値段は4校、何処を選んでもコース料金、宿泊料金同じなので、ミュンヘンに留学中、ベルリンへの留学への変更も可能です。

ハンブルク校は町の中心部にある歴史的な(早い話、古い)建造物の中に入っており、同じ建物にはDiDの経営する私立大学が入っています。生徒にはマスター過程で奨学金をもらって留学している各国からのエリート、お金持ちのご子息、お嬢様が多かったです。国籍ではスイス、(何故か)南アメリカがトップで、視察に行った日には8月にもかかわらず2名の日本人の方とお会いしただけないので、それほど多くはなさそうです。休憩時間になると生徒は、我こそは!とテラスに出てリラックスしているので、クラスの違う生徒と知り合えるいい機会です。
最後に授業時間について。午前の授業は9時から12時30分まで行われます。午後は14時45分~18時まで。授業は主に午前中に行われますが、生徒が多いと(例えば)月曜日~水曜日は午前、木曜日と金曜日は午後という形で行われます。

DiD インスティテュート住所 Esplanade 6 D-20354 Hamburg


最寄り駅  地下鉄U1 Stephanplatz駅から徒歩3分

DiD インスティテュートへの行き方

1. Stephansplatz駅で下車、”Colonnaden”方向の出口に向かい、地上に出たらUターンしてください。200mほど歩くと右手に学校の入っている建物が見えてきます。
2. Jungferstieg駅で下車、地表に出たら180度のUターンをしてアルスター沿いに200mほど歩き、突き当たりを左折すると学校のある”Esplande”通りが見えてきます。学校は80mほど先です。

市内路線図

町の紹介

ハンブルクと聞いて、まず最初に連想するのはハンバーガー。ハンバーグとハンブルクの名前が似ている為に、「ドイツのハンブルクがハンバーグの起源。」と信じてる方が多いです。それだけでは済まず、「ドイツではハンバーグをハンブルガー、あるはハンブルクステーキと言う。」などと、あたかもドイツで確かめてきたかのように語る人まで。あまりの自信に、「そうなんだ。」と信じてしまい、実際にドイツに来ると、ドイツ人はハンバークを”Bulette”、あるいは”Frikadelle”と言うのでびっくり。前者はフランス語の”Boulette”、後者は同じくフランス語の”fricandeau”から派生しており、「ハンバーグ ドイツ説」には不利な証拠ばかり。皆まで言えば、ハンブルク ステーキなる言葉も、ドイツには存在していない。
実はこれ、日本で頻繁に見聞きする「ドイツ伝説」のひとつです。ハンバーグの本当の起源は、ニューヨークにあるハンバーグ市で牛肉不足に悩んだ肉屋が、牛肉と豚肉のミンチを合わせて作った肉料理を、町の名前にちなんでハンバーガーと呼んだのがハンバーグの名前の起源です。ドイツのハンブルクとは関係ありません。ドイツ語で”Hamburger”(ハンブルガー)と言うと、ハンバーグではなく、ハンブルクの住人を指します。

続きを読む

各種インフォメーション

料金に含まれる事項

教科書、ドイツ語査定テスト、終了証、参加証、Wifi、入学証明書(ビザ申請用)、オリエンテーション、市内遠足

コース教材について

初級~中級はNetzwerk、 中級ではAspekteを使用。(教科書の費用17~30は授業料には含まれず。)

生徒の平均人数

13名 夏季は15名

学生の平均年齢

30~31歳

最少年齢

17歳から

学校スタッフが対応できる言語

英語、ドイツ語、スペイン語

学生の国籍

スイス
南米
北米
スイス
トルコ
その他

コース

コース日程

初級1(全くの初心者)の方は、下記のコース開始日からのみコース参加可能。

1月2日, 3月5日, 5月7日, 6月4日, 7月2日, 8月6日, 9月3日, 10月1日,29日

以下の祝祭日には、学校はお休みになります。
1月1日、3月30日、4月2日、5月1日、5月10日、21日、10月3日

料金

スタンダードコース

コース参加は、(初級1レベルを除き)毎週月曜日から可能です。

週20レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日
朝9時~12時45分 あるいは
14時45分~18時
クラスの構成:最高15名まで

2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 9週間 10週間 11週間 12週間 延長/週
380EUR 560EUR 740EUR 920EUR 1100EUR 1280EUR 1460EUR 1550EUR 1640EUR 1730EUR 1820EUR 90EUR


※夏季(7~8月)は週35ユーロの追加料金。(9週以上のお申し込みでは免除されます。)

集中コース

コース参加は、(初級1レベルを除き)毎週月曜日から可能です。

週24レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日
9時~14時30分 あるいは
13時~18時
クラスの構成:最高15名まで

2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 9週間 10週間 11週間 12週間 延長/週
460EUR 670EUR 880EUR 1090EUR 1300EUR 1510EUR 1720EUR 1860EUR 2000EUR 2140EUR 2280EUR 140EUR


※夏季(7~8月)は週35ユーロの追加料金。(9週以上のお申し込みでは免除されます。)

プレミアムコース

コース参加は、(初級1レベルを除き)毎週月曜日から可能です。

週28レッスン(1単位45分)
月曜日~金曜日
9時~14時30分 あるいは
13時~18時
クラスの構成:最高15名まで

1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間 延長/週
300EUR 580EUR 860EUR 1140EUR 1420EUR 1700EUR 1980EUR 2260EUR 200EUR

※夏季(7~8月)は週35ユーロの追加料金。(9週以上のお申し込みでは免除されます。)

リンクを貼って割引をゲット!

1. ホームページやブログに、弊社のホームページへのリンクを貼っていただく。

2. リンクを貼ったページをメールで報告。

3. 請求書から10ユーロ割り引いたします。

お申し込み後

お申し込み後、24時間以内にお申し込みを確認するメールをお送りします。

入学を手配して書類をメールに添付してお送りしますので、3週間以内に費用をお支払いください。

8週間以上のコースのお申し込みの場合、書類を郵送させていただきます。

詳細は利用規約をご覧ください

宿泊施設

ホームステイ、WG あるいはホテルをお選びいただけます。

ホテル(シングル)

各部屋にWCが付いています
通学時間約15分
WLAN/Wifi可

スタンダード 270EUR/週(朝食込み)

プライベートルーム(シングル)

家庭内の空き部屋を学校が手配します。 155EUR/週
ホームステイ(シングル)

ホームステイ(シングル)

朝食付 205EUR/週
朝食+夕食付 255EUR/週


※宿泊形態に関係なく、現地で100ユーロの保証金が必要です。
時期により以下の追加料金が発生します。
7月1日~8月25日は夏季料金で週20ユーロ追加
12月23日~1月5日は100ユーロ/週追加

総合評価

町の印象
施設
交流活動
授業の質/ あなたの上達度
料金に見合う内容か
ホストファミリー
学生寮
受講生が気に入った点

資料

学校案内パンフレット

学校案内パンフレット EN

学校案内パンフレット DE

PDFをダウンロード

動画