校舎はベルリンのど真ん中!ベルリンで日本人の少ない学校ならココ!

学生による総合評価

ベルリンの語学学校 カール デユーイスベルク センター ベルリン

ベルリンの語学学校 カール デユーイスベルク センター ベルリン

カール デユーイスベルクカール デユーイスベルク センター ・ベルリン / Carl Duisberg Centren Berlin は、ドイツ国内で展開する語学学校の大手 Carl Duisberg Centren のベルリン支店です。

ベルリン校は市内中心部にありながら、内庭に校舎が建っているので、とても静かな環境にあります。

クラスの大きさは、最高15名までに制限されています。

あのゲーテでも夏季には18名の大きなクラスになるので、カール デユーイスベルク センターでは夏でも中規模のクラスで学ぶことができます。

多くの語学学校では、初回登録費用や宿泊施設の手配料金を別途徴収されますが、Carl Duisberg では授業料に含まれています。

授業料に込みなのはそれだけではありません。カール デユーイスベルク センターでは教材費も込みです。

学校の特徴

学校の特徴

学校を訪問する生徒はドイツで大学入試を目指す人、ドイツで就職を目指す人が多くなっているのが特徴です。

気になる国籍の割合ですが、時期により差がありますが、西欧(スペイン、イタリア、スイス、英国)で過半数を超えます。

その後、メキシコ、ブラジルなどの南米に続き、アジア勢では韓国に続き、日本(平均3%)になり、中国(台湾、香港を含み)からの学生はほとんど在籍していません。

2018年に学校を視察すると、「めっきり日本人が来なくなった。」との事。ベルリンへ語学留学をお考えで、日本人が少ない学校をお探しの方には、ぴったりです。

音楽を専攻してる方は、宿泊先での練習はできませんが、午後に学校の教室を使って練習ができます。

Carl Duisberg Centren とは?



1962年、ケルンにて外国人奨学生に住む場所(アパート)を提供する公共団体 Carl Duisberg e.V.として設立されたのが、会社の始まりです。


その後、会社は公共団体からGmbH(ドイツで一般的な企業体系)に移り、支店の数も増えて行きました。

これを機会に1974年から、外国人に対してドイツ語の授業を提供するようになりました。

当然、ドイツ語学校としての経験は豊富。

Carl Duisberg Centrenでは通常のドイツ語の集中コースの他にもDHS, TestDaf の準備コース、及び商業ドイツ語など、その他にさまざまなコースを提供しています。

大学入学を目指す方はTestDaf, Telc の検定試験を学校で受験する事ができます。

本社はケルンにありますが、その他にもベルリンミュンヘンラドルフツェル、2020年からはマーブルクに学校があります。

ベルリンに留学中に、「ミュンヘンも見てみたい!」という方は、コース場所の変更も可能です。

ミュンヘン 徹底解説!街の歴史からお勧め観光名所まで

カール デユーイスベルク センター ベルリン 住所 & 連絡先

Carl Duisberg Centrum Berlin
Jägerstraße 64
D-10117 Berlin

Telefon: +49 (0)30/20 88 644-0
Fax: +49 (0)30/20 88 644-29
Email : berlin@cdc.de

学校所在地

通学方法

Franzoesiche Str. 駅で下車、出口は Jägerstr.を使用。

地上に出ると黒と赤色の建物が見えます。学校はこの建物の後ろにあるので、看板のある入り口を入ってください。学校はこの赤色の建物です。

学校の最寄り駅

地下鉄 U6のFranzoesiche Str.駅

学校の写真

ベルリンのドイツ語学校なら カール デューイスベルク センター
受付の女性と生徒
レッスン中の光景
パソコンで学習する生徒
カフェテリアでくつろぐ生徒
cdc_berlin_top
cdc_berlin_14
cdc_berlin_15
cdc_berlin_12
cdc_berlin_18
cdc_berlin_01
cdc_berlin_02
cdc_berlin_03
cdc_berlin_04
cdc_berlin_19
cdc_berlin_05
cdc_berlin_06
cdc_berlin_07
cdc_berlin_08
cdc_berlin_20
cdc_berlin_09
cdc_berlin_19
cdc_berlin_16
cdc_berlin_13
cdc_berlin_17
previous arrow
next arrow
cdc_berlin_top
cdc_berlin_14
cdc_berlin_15
cdc_berlin_12
cdc_berlin_18
cdc_berlin_01
cdc_berlin_02
cdc_berlin_03
cdc_berlin_04
cdc_berlin_19
cdc_berlin_05
cdc_berlin_06
cdc_berlin_07
cdc_berlin_08
cdc_berlin_20
cdc_berlin_09
cdc_berlin_19
cdc_berlin_16
cdc_berlin_13
cdc_berlin_17
previous arrow
next arrow

各種インフォメーション

料金に含まれるサービス

ドイツ語査定テスト、中間テスト、学校備え付けのPC、Wifi、参加証、入学証明書(ビザ申請用)、終了証、タンデム、オリエンテーション

教材 & 教科書

初級では Optimal,中級では EM もしくは Platz を使用しています。

※教科書代金はコース料金に含まれています。

カール デユーイスベルク センター ベルリン 休校日

週末、及び以下の祝祭日には学校はお休みになります。

2022年  1月1日、3月8日、4月15日、18日、6月6日、10月3日

年末年始のお休み

12月24日~1月1日

生徒の平均人数

13名 夏季は15名

学生の平均年齢

25~26歳

最少年齢

17歳から

スタッフが対応できる言語

ドイツ語、英語、スペイン語、中国語

生徒の国籍

スペイン
イタリア
スイス
英国
中国
その他

コース内容

コース内容

カール デユーイスベルク センター ベルリンで行われるコース内容は、

  • 集中コース
  • クラッシュコース
  • TestDaf試験対策コース
  • 大学出願サポート

の4種類です。

集中コースは週24レッスンのグループレッスン +2コマのワークショップから構成されています。

ワークショップでは、カール デユーイスベルク センターが独自に開発したオンラインの学習メデイアを使用します。

さらにはクラスを離れていろんな場面を想定、そこで習ったドイツ語の知識を試す機会が与えられます。

課外後にはワークショップで使用した教材を、自由に使用できます。

クラッシュコースは集中コースに週5コマの個人レッスンを加えたコースです。

この個人レッスンで弱点、例えば日本人の場合は会話や作文を集中して練習できます。

大学出願サポートは、12週間以上のコースを履修された方に提供されるサービスです。

学校が3大学までの出願を助けてくれます(有料です)。

コース日程

コース日程

ドイツ語の学習経験のない方のコ-ス開始日は、以下の通り。

2022年 

  1. 1月3日
  2. 1月31日
  3. 3月7日
  4. 4月4日
  5. 5月2日
  6. 5月30日
  7. 7月4日
  8. 8月1日
  9. 9月5日
  10. 10月5日
  11. 10月31日
  12. 11月28日

ドイツ語の学習経験のある方は、毎週月曜日からコース参加が可能です。

集中コ-ス

月曜~木曜日
朝8時45分~13時
金曜日 8時45分~12時15分
週2単位のメデイア図書館での自習が加わります。
合計26単位/週、1単位は45分
クラス定員:5~15名の構成

3週間 690EUR
4週間 920EUR
6週間 1380EUR
8週間 1840EUR
12週間 2040EUR
16週間 2720EUR
20週間 3400EUR
24週間 4080EUR
28週間 4760EUR
32週間 5440EUR
40週間 6800EUR
44週間 7480EUR
48週間 8160EUR

6月27日~8月26日サマーコース料金 週30EUR追加
* 12週間以上のお申込みで、サマーコース料金免除

クラッシュコース

集中コース + 週5コマの個人レッスンのコースです。

月曜~木曜日
朝8時45分~13時
金曜日 8時45分~12時15分 + 個人レッスン
週2単位のメデイア図書館での自習が加わります。
合計29単位/週、1単位は45分
クラス定員:5~15名の構成

1週間 490EUR
2週間 900EUR
3週間 1350EUR
4週間 1800EUR
6週間 2700EUR
8週間 3600EUR
10週間 4500EUR
12週間 5400EUR

6月29日~8月28日サマーコース料金 週30EUR追加
* 12週間以上のお申込みで、サマーコース料金免除

大学出願サポート

集中コースを12週間以上履修された方への、有償サポートです。
サポート料金はどれだけコースを履修されたかで異なります。

12~17週 1000EUR
18~23週 900EUR
24~29週 800EUR
30週以上 700EUR

* 出願サポートは3大学まで
* Uni-Assist等の出願料金 & 翻訳料金は別

Testdaf 準備コース

参加するには中級1の修了以上のドイツ語能力が必要。
コース開催には8名以上の参加者が必要。
コースは4週間で、以下の開始日からのみコースに参加できます。

1月17日~2月11日、2月21日~3月18日、3月28日~4月22日、4月19日~5月13日、5月16日~6月10日、8月15日~9月5日

4週間 490EUR

カール デユーイスベルク センター ベルリン 宿泊施設

カール デユーイスベルク センター ベルリン 宿泊施設

ベルリン校校は学生寮、アパート、あるいは下宿先を提供しています。

人気があるのは学生寮です。

市内のホテルを寮に使用しており、寮といっても2~3人でトイレ、シャワーを共同使用する形です。

残念ながら観光客の多いベルリンでは、ホテルは2ヶ月前には満室になるので、学生寮をご希望の場合は、2ヶ月以上前にお申し込みください。

学生寮(通学時間15分程度。)Wifi 有り

1~11週まで 12週以降
シングル(食事なし。) 280EUR/週 260EUR/週
ツイン(食事なし) 250EUR/週 230EUR/週

6月26日~8月27日 夏季料金 週30EUR追加
* 12週間以上のお申込みで、夏季料金免除
保証金が150ユーロ必要です。

下宿

1~11週まで 12週以降
個室(食事なし。) 210EUR/週 170EUR/週
個室(朝食付き) 245EUR/週 205EUR/週
個室(朝食+夕食付き) 295EUR/週 255EUR/週

6月26日~8月27日 夏季料金 週30EUR追加
* 12週間以上のお申込みで、夏季料金免除
食事付きを選択されるとキッチン使用ができません。キッチンの使用を希望される場合は、食事なしをご選択ください。

アパート

シングル(食事は付きません。) 400EUR/週

部屋に WC、シャワー、簡易キッチン付き。
6月26日~8月27日 夏季料金 週30EUR追加
* 12週間以上のお申込みで、夏季料金免除

留学までの手順

カール デユーイスベルク センター ベルリン - 留学までの手順

お申し込みの送信後、留学までの手順は以下の通りです。

  1. 24時間以内に、お申し込みを確認するメールをお送りします。
  2. 入学を手配して請求書を発行、入学確認書と共にメールに添付してお送りします。
  3. 2週間以内に費用をお支払いください。
  4. 入金が確認されましたら、ご連絡します。
  5. 航空チケット購入、ドイツ留学・ワーホリ保険にご加入ください。
  6. 出発!

質問集

その他、不明な点などございましたら、まずは質問集をご覧ください。

お抱えの疑問、悩みの悩みの90%は、こちらで解決いたします!

語学学校関連 Q&A - よく寄せられる質問

ご利用規約

お申込みいただく前にご利用規約にて、キャンセル条件等、ご確認ください。

ご利用規約 - お申し込みの前にお読みください

街の紹介

街の紹介

日本でも知名度の高いドイツの首都ベルリン。

歴史と観光名所については、他のページで詳しく解説していおいたので、

ベルリン の魅力とは?

今回は別のテーマで、ベルリンについて紹介したいと思います。

かってはドイツの留学先と言えば、ミュンヘンが一人勝ち。これにかなり差が開いてフライブルクハイデルベルク続いていました。

今でもミュンヘンは、とりわけ初めてドイツ留学される方には人気です。

が、ベルリンはフライブルクやハイデルベルクを追い越して、ミュンヘンと匹敵するほど人気の留学先になりました。

ベルリンでの生活

ベルリンでの生活

ベルリンの魅力はなんといっても、リベラルな風潮。

わかりやすく言えば新しいもの、未知のものに対して許容範囲が広い。

この為か、芸術活動の中心にもなっている。保守的な南とは正反対で店舗の営業時間も日曜日を除けば、ほぼ自由。

そんなベルリンの魅力に惹かれて、毎年、1万人を超える人がベルリンに移住している。これは何もドイツ人に限られない。

ベルリンにおける外国人の割合は20%を超える。ちなみに日本の平均がが2%なので、その10倍。

外国人の中で最大多数は欧州内からの移住者。これにトルコ系が続き、その次がアジア人。当然、日本食を始め、大概のものは見つかる。

他の町ではとても成功しないだろう客層の狭いビジネスでも、ベルリンなら存続できるので、スタートアップ企業が多いのも特徴だ。

人口370万人を越える大都市らくしく、レストランやカフェの数はとても多い。

日本食ブームも手伝って、日本食レストランの数はデユッセルドルフよりも多いので、アルバイト探しにはいい環境が揃っている。

「国際的な雰囲気に触れてみたい。」

という留学先を探しているなら、ベルリンはまさにうってつけ。

リベラル(自由急進的)な風潮は官庁でも表れており、外国人が多いこの街では、滞在ビザも取りやすい。

ベルリン新空港オープン!

ベルリン新空港オープン!

予定より9年遅れ、ベルリン新空港(BER)が2020年10月30日にオープンしました。

古い空港よりも遠くなりましたが、新空港のターミナル1の地下には電車の駅があります。

空港駅から空港エキスプレス(FEX)を利用すれば、30分で中央駅まで行けます。

アレクサンダー駅に向かう場合は、S9番を利用すれば25分で行けます。

総合評価

町の印象
施設
交流活動
授業の質/ あなたの上達度
料金に見合う内容か
ホストファミリー
学生寮

参加者の評価

M.A 様 2016年 集中コースプラス ご参加

(前略)
日曜日に無事、学生寮、それともホテル?に無事、着きました!部屋が広いので、びっくりしています。通学には30分くらいでした

学校も写真もお陰で、地下鉄の駅を出たからすぐに目につきました。とてもわかりやすく書いていただいてるので、助かります。初日は受付で名前を言うと、登録作業の後に、ドイツ語の査定テストになりました。オンラインテストは手順が複雑で、とてもできまでんでした。

テストの結果、A2-2 のクラスになったのですが、欧米の学生はものすごく喋れますね!文法はついていけるのですが、流石にあそこまで話すことはできません!でも学校内で結構、話す機会があるので、じき、改善していく事を祈ってます!

最初は男性の先生で、文法や用語の説明が素晴らしかったです。日本の大学での授業とは雲泥の際でした。値段だけあって、質のいい授業を提供しているので進歩も早いです!というかちゃんとついていかないと、他の生徒の修達が早いので、とりのこされないようにするので精一杯、といった感じです。

次のレベルでは恰幅のいい女性講師なんですが、最初の先生と比べると、ちょっとアクションが少ないです。先日、教えていただいた通り学校のスタッフと話して多少、改善されました。本当にドイツでは言った者勝ちですね。早く大学に入れるレベルに達するように、頑張っています。今後もよろしくお願いします!