ベルリン留学は、国際色豊かで経験豊富な教師陣を持つ Carl Duisberg Centren

学生による総合評価

学校紹介

大都市のベルリンには語学学校は多いですが、真面目にドイツ語を勉強されたい方にお勧めするのが、カール デユーイスベルク センター ベルリンです。小さな学校と異なり、世界中から生徒が集まるので、生徒が集まり難い初級のレッスンもちゃんと挙行されます。

一方、大きな学校になると本店ですべて管理するので、現地の情報に疎いことがあります。カール デユーイスベルクでは留学相談から宿泊施設の手配まで、現地の支店が行なうので情報が正確でその伝達も早いです。

ベルリン校は市内の中心部にありながら、隠れ家的な存在です。表の派手なオフィス街と異なり、建物の裏側に校舎が建っているので、とても静かです。2018年に学校を視察すると、「めっきり日本人が来なくなった。」との事。ベルリンへ語学留学をお考えで、日本人が少ない学校をお探しの方には、ぴったりです。

音楽を専攻してる方は、宿泊先での練習はできませんが、午後に学校の教室を使って練習ができます。もうひつの大きな特徴は、学校の支店網。この学校の本社はケルンにありますが、その他にもベルリン、ミュンヘン、ラドルフツェルに学校があるので、「ベルリンも見てみたい!」という方はコース場所の変更も可能です。

ベルリン校の人気は学生寮。市内のホテルを寮に使用しており、寮といっても2~3人でトイレ、シャワーを共同使用する形です。残念ながら観光客の多いベルリンでは、ホテルは2ヶ月前には満室になるので、学生寮をご希望の場合は、2ヶ月以上前にお申し込みください。

最後に気になる日本人の割合ですが、時期により差がありますが、西欧(スペイン、イタリア、スイス、英国)で過半数を超えます。その後、メキシコ、ブラジルなどの南米に続き、アジア勢では韓国に続き、日本(平均3%)になり、中国(台湾、香港を含み)からの学生はほとんど在籍していません。

Carl Duisberg Centren とは?

1962年、ケルンにて外国人奨学生に住む場所(アパート)を提供する公共団体 Carl Duisberg e.V.として設立されたのが、会社の始まりです。その後、会社は公共団体からGmbH(ドイツで一般的な企業体系)に移り、支店も増えて行きました。これを機会に1974年から外国人に対してドイツ語の授業を提供するようになりました。

当然、ドイツ語学校としての経験は豊富。学校では通常のドイツ語の集中コースの他にもDHS, TestDaf の準備コース、及び商業ドイツ語など、その他にさまざまなコースを提供、TestDaf, ZD の試験は学校で受験する事ができます。

カール デユーイスベルク センター ベルリン の住所

Jägerstrasse 64,  D – 10117 Berlin

学校への行き方

Franzoesiche Str.駅で下車、出口はJägerstr.を使用。地上に出ると黒と赤色の建物が見えます。学校はこの建物の後ろにあるので、看板のある入り口を入ってください。学校はこの赤色の建物です。

学校の最寄り駅

地下鉄U6のFranzoesiche Str.駅

 

ベルリン市内路線図 ダウンロード

学校の写真

ベルリンのドイツ語学校なら カール デューイスベルク センター
Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 

学校案内パンフレット

日本語版(PDF) ドイツ語版(PDF)

ベルリンの紹介

ドイツを統一したプロイセン王国の首都だったベルリンは、ドイツが統一される毎に、ドイツの首都になってきました。ドイツは長い間小さな王国に別れていたため、かっての王国、今の州の権力が強いのが特徴です。それでも、「首都はベルリン」と思うようで、ドイツ再統一後の1999年、ベルリンは再び首都に復活してきました。

日本人観光客の数で見れば、ベルリンはミュンヘンには負けます。でも観光名所、魅力ではミュンヘンをしのぎます。新旧ピナコテークは絵画の博物館としては立派ですが、ベルリンの博物館島には圧倒されます。勝利の門ならやっぱりベルリンだし、帝国議事堂はベルリンだけ!

でもベルリンの最大の魅力はリベラルな風潮。芸術家が多く、スタートアップの起業も多いのがベルリンの特徴。ミュンヘンで滞在ビザを取るのは大変ですが、ベルリンはデユッセルドルフ並に用意にできちゃいます!

ベルリンは沼地に築かれた町。町のほぼ真ん中を横断するような形で、シュプレー河が流れている。第二次大戦後、ベルリンは米英仏が管轄する西ベルリン、それにソビエト管轄下の東ドイツに分断された。

壁の崩壊後、ベルリンもひとつに統合されたが、お陰でベルリンは最も広大な面積を持つ市になった。デユッセルドルフと比べると、なんと4倍もの大きさだ。ベルリンは360万人を超える人口を抱えてドイツ最大の都市だが、人口密度は首都にしては高くない。


抜粋元 : ベルリン観光

 

各種インフォメーション

料金に含まれる事項

ドイツ語査定テスト、中間テスト、学校備え付けのPC、Wifi、参加証、入学証明書(ビザ申請用)、終了証、タンデム、オリエンテーション

コース教材について

初級ではOptimal,中級ではEMもしくはPlatzを使用しています。
※教科書代金はコース料金に含まれています。

生徒の平均人数

13名 夏季は15名

学生の平均年齢

33~34歳

最少年齢

17歳から

学校スタッフが対応できる言語

ドイツ語、英語、スペイン語

学生の国籍

スペイン
イタリア
スイス
英国
中国
その他

コース

コース日程

ドイツ語の学習経験のない方のコ-ス開始日は、以下の通り。

 

1月7日, 2月4日, 3月4日, 4月1日, 5月6日, 6月3日, 7月1日, 8月5日, 9月2日, 10月7日, 11月4日, 12月3日

祝祭日には学校はお休みになります。

 

ドイツ語の学習経験のある方は、毎週月曜日からコース参加が可能です。

集中コースプラス

月曜~木曜日
朝8時45分~13時
金曜日 8時45分~12時15分
週2単位のメデイア図書館での自習が加わります。
合計26単位/週、1単位は45分
クラス定員:5~15名の構成

料金

集中コ-ス Plus

3週間 690EUR
4週間 920EUR
6週間 1260EUR
11週間 2310EUR
12週間 2280EUR
16週間 3040EUR
20週間 3200EUR
24週間 3840EUR
28週間 4480EUR
32週間 5760EUR
40週間 6400EUR
44週間 7040EUR
48週間 7680EUR

7月1日~8月31日サマーコース料金 週30EUR追加

Testdaf準備コース

コースに参加するには中級1の修了以上のドイツ語能力が必要。
詳細はお問い合わせください。

お申し込み後

お申し込み後、24時間以内にお申し込みを確認するメールをお送りします。

入学を手配して書類をメールに添付してお送りしますので、3週間以内に費用をご送金ください。

8週間以上のコースのお申し込みの場合、書類を郵送させていただきます。

詳細は利用規約をご覧ください

 

宿泊施設

ベルリン校では学生寮、アパート、あるいはホームステイの宿泊形態を選ぶ事ができます。

学生寮(通学時間15分程度。)WLAN有り 

学生寮(通学時間15分程度。)WLAN有り

シングル 200EUR/週
ツイン 170EUR/週

7月1日~9月1日 夏季料金 週30EUR追加
保証金が150ユーロ必要です。

ホームステイ

11週まで 12週以降
個室(食事なし。) 190EUR/週 150EUR/週
個室(朝食付き) 210EUR/週 170EUR/週
個室(朝食+夕食付き) 260EUR/週 220EUR/週

7月1日~9月1日 夏季料金 週30EUR追加
食事付きを選択されるとキッチン使用ができません。キッチンの使用を希望される場合は、食事なしをご選択ください。

アパート

シングル(食事は付きません。) 250EUR/週

部屋にWC、シャワー、簡易キッチン付き。
7月1日~9月1日 夏季料金 週30EUR追加

 

総合評価

町の印象
施設
交流活動
授業の質/ あなたの上達度
料金に見合う内容か
ホストファミリー
学生寮